にほんブログ村 クラシックブログへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
高木和弘(vn) J.S.バッハ/アンダンテ (無伴奏バイオリンソナタ第2番より)
シューベルト=エルンスト/魔王 J.S.バッハ/シャコンヌ (無伴奏パルティータ第2番より)

 My Favorite Violinist の言葉を借りれば「I Love Bach」なBachがテーマの今年のラ・フォル・ジュルネ、これは、はしごかと思いきや、なんと行く予定は1公演のみ!諸事情(先行発売の3日ほど前にしかPGが発表にならなかったとか、平日にそれらのチェックができるわけがないとか、訳の分からん手数料がかかる仕組みだったとか)により、チケットをとりそびれ、(Loveとゆっておきながら)まあいっかと。
 この日は丸の内周辺コンサートで東響のコンマスを務める高木氏のviolinが聴いてみたかったので、出かけてみることにしました。
 本人いわく、Bachへの思い入れも強いようで、シャコンヌは「僕の中ではこれを超えるものはない」らしい。Bachのこの2曲は、stephもたいへん好みますが、演奏家にも好まれるのでしょうか。ちなみに、魔王は、限界まで技術を駆使した曲、みたいな紹介。会場はtokia1F通路、人だかりで視界はあまりなし。技術はいうまでもありませんが、真摯なBachが伝わってきてよかったです。シャコンヌはある意味大曲ですが、平坦なBachではなく、ストーリーみたいなものを感じさせる辺り、そこがやはりオケの人なのかなと思いもし、ソリストでもあるな、とも。聴きにいって収穫。
 ほかに、丸ビル1Fでブランデンブルク協奏曲全曲演奏会を3回に分けてやっていて、1~2曲聴きました。会場は吹き抜けで少し響きすぎる感じがあるのと、スピーカーを使っているのとが、ちょっと惜しかった。とにかくどこも椅子が少なすぎて、立ち続けながら聴くのが正直辛くて、全然老体ではなくても、ゆっくり座って聴きたいという思いを新たにしました。
直前スペシャル! ラ・フォル・ジュルネ・ジャポン2009 ①

コメント

東京国際フォーラム内の無料コンサートで、シャコンヌのオーケストラ版を聴きました。
JR東日本オーケストラというアマオケが、ロマン派の作曲家ラフ(1822~1882)がシャコンヌをオーケストラ用に編曲した作品を演奏しました。
私は、原曲をオリジナル楽器(バロックヴァイオリン)で聴きたい方なのですが、シャコンヌが完全にロマン派のオーケストラ曲に変身している感じで、これはこれでとても面白かったです。
シャコンヌは管弦楽版も演奏されたのですね。5/5にミュージックキオスクで、コロベイニコフの弾くブゾーニ編のピアノ曲でも、シャコンヌを聴くことができました。ピアノだとまた違った感じで華麗度増していたかもしれません。去年も同じ場所でコロベイニコフを聴くことができたので、ちょっとセンチメンタル入りました。そのときはシューベルトの3つの小作品だったかと。
 無料コンサートのプログラムもなかなか充実しているんですね。こちらもしっかりチェックしておけばよかったです。ただ立ったままブランデンブルク協奏曲全部聴くのは確かにつらいですね。
 高木氏のバイオリンも興味持っています。無伴奏だと個性がはっきり出て面白いですね。
全曲演奏会、あったのです。直前に知ったのですよ。曲の雰囲気と、環境がマッチするといいかなと。
高木氏は、「他にスケジュールもあるでしょうから、まきでいきます。」みたいな感じで、ラルゴだったか、アンコールも弾いてくれましたよ。

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://xiahsteph.blog75.fc2.com/tb.php/99-63f00945
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。