にほんブログ村 クラシックブログへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウィーン・ヴィルトゥオーゼン@サントリーホール 2009.10.12(月・祝)
①W.A.モーツァルト:フルートと管弦楽のためのアンダンテ ハ長調 K.315 フルート;ウォルター・アウアー ②W.A.モーツァルト:交響曲 第29番 イ長調 K.201 
③R.シュトラウス/ハーゼネール編:もうひとりのティル・オレインシュピーゲル(交響詩「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」より)
④ビゼー/ボルヌ:カルメンファンタジー フルート;ウォルター・アウアー 
⑤ヴェルディ/バッシ:リゴレットファンタジー クラリネット;エルンスト・オッテンザマー
⑥R.シュトラウス/プシポダ:ばらの騎士ワルツ violin:フォルクハルト・シュトイデ
⑦J.シュトラウス:アンネンポルカ/ウィーン気質 encore ブラームス:ハンガリー舞曲第1番 ト短調 J.シュトラウスⅡ:トリッチ・トラッチ・ポルカ op.214

 春に聴いた”ウィーン・フィルメンバーとその仲間たち”がよかったので、行くことにした演奏会。
 総勢11人で、①④⑤⑥ではメンバーの一人がソリストを務めます。金管はホルンのみですが、この小編成でホルンを吹くというのは相当難しいのではないかと想像してみる(だって小さい音出さなきゃいけないんですよね)。
 ②の交響曲は、小編成ながらしっかりと聴かせるところは流石。ひとりひとりの奏者の力量の成せる業なのでしょうが、逆にここまでやらないとモーツァルトはだめなのかなーなどと漠然と考える。さらに技術の高さを感じさせられてしまったのは③で、たった5人でティルの編曲を演奏。オケで交響詩を聴く方が一般的かもしれませんが、物足りなさなんかなく存分にティル跳び回る。技術がなければめためたになってしまいそう。クラリネット、リーダーでもありますが、当然ながら上手。⑤のソロもめちゃ上手で、会場を支配していました。それに、遠めで見てもダンディです!(そこ?)⑥ソロのシュトイデを聴くのは2回目にして、その通る音にやっぱり少し目を見張る。リスクを恐れないところがよい。シュトラウスは十八番なのでしょうが、 アンコールでよかったのはブラームス。例えて言うなら、”B・ピットは二枚目の役より『セブン』のようなハードな役が断然いい”みたいな(ピットでなくてもブルームでも誰でもいいのですが)。
ウィーン・ヴィルトゥオーゼン~名曲の散歩道

コメント

モーツァルト・・・寧ろ中途半端なオケで聴くよりよほどボリュームもあって
また音がどこまでも澄んでいて圧巻でしたが
フィライングはやめて欲しかったです。
ティルはもっと小編成でしたよね?びっくりです。

オッテンザマーさんのクラリネットの深みのある音色は独特だと思いました。
大阪公演では、出演者の宿泊先のホテルでレセプションがあったのですね。トークあり、サインありのレセプションを引き受けてくれるとは、すごく気さくですね!楽章間の拍手は、ちょっと気になりましたね。ヴェルディでは、途中で拍手が起きてしまい、オッテンザマーさんが「すいません。ちょっと待ってください。」と言っていました。でも、演奏はすばらしく、もうひとりのティルも、印象に強く残りました。

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://xiahsteph.blog75.fc2.com/tb.php/98-3ec53b60
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。