にほんブログ村 クラシックブログへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3/8(日)21:00BShiロイヤルコンセルトヘボウLiveハイティンク指揮(コンセルトヘボウから生中継)
シューマン:ピアノ協奏曲イ短調 マレー・ペライア(p) ブルックナー:交響曲第9番
 見ました!丁寧でどっしりとしたピアノ協奏曲に、ブルックナーの第9番。当たり前ですが、うまいねえ。こういう生中継、2ヶ月に1回くらい見たいものです(希望)。
 そして、またまたオペラonTV、クレジットだけでも長い~。

1:藤原歌劇団公演 歌劇「ボエーム」( プッチーニ ) ミミ:砂川 涼子、ロドルフォ:村上 敏明、ムゼッタ:高橋 薫子、マルチェルロ:堀内 康雄、管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団、指揮:園田 隆一郎、演出:岩田 達宗
 オーソドックスかもしれない舞台、主役もマルチェロもよかった。日本人の出演するオペラだとどうしてもそれっぽく見えなかったりすけれど、マルチェロ役だけはなぜか外国人っぽく見えた。

2:サントリーホール公演 歌劇「フィガロの結婚」モーツァルト作曲(出演)ガブリエーレ・ヴィヴィアーニ、ダニエレ・デ・ニース、マルクス・ウェルバ、セレーナ・ファルノッキア、ダニエラ・ピーニ(管弦楽)東京フィルハーモニー交響楽団(指揮)ニコラ・ルイゾッティ(演出)ガブリエーレ・ラヴィア
 オケと舞台が背中合わせに設定。いつものサントリーホルのどこに舞台を設置しているのか?!どうやら真ん中に創っているように見えた。果たして裏側の音響はどうなのだろう。デ・ニースはじめ他の出演陣もよかった。伯爵のウェルバは、ちょっとかっこよすぎ?

3:歌劇「セビリアの理髪師」 ロッシーニ作曲(出演)レイナルド・マシアス、カルロス・ショーソン、ヴェッセリーナ・カサロヴァ、マヌエル・ランツァ(管弦楽)チューリヒ歌劇場管弦楽団(指揮)ネルロ・サンティ(演出)グリーシャ・アサガロフ(2001/4)
 扇形の舞台が回転し場面転換する、こじんまりとしながらも効率的できれいな舞台。歌手陣は、よい!安定感のあるカサロヴァに、ちょっと濃いバルトロ役。新たなる月8?!くらいの勢いでこのところ月曜夜8時にオペラを放映していて、月9さえ間に合うはずもなく当然のごとく録画予約。途中から見始めたところ、最後の印籠が出たところで「DISK FULL」に!ここからアルマヴィーヴァ伯爵の大アリアがあるのにぃ~と思いきや、そっくりカットされてみんなで大合唱になってました。なかなかいい声だったので、少し期待してしまった。技巧の高いアリアだから省略されるのが普通なのでしょうか。6月の新国立劇場で、チェネレントラにカサロヴァが出演するので、チケットトライしてみたものの、全然つながらなかったです。

4:【DVD】ヴェルディ 歌劇《仮面舞踏会》(出演)プラシド・ドミンゴ、ジョセフィーン・バーストゥ、レオ・ヌッチ、スミ・ジョー (指揮)サー・ゲオルグ・ショルティ  ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 1990年7月28日、ザルツブルク祝祭大劇場におけるライヴ収録 演出:J・シュレジンジャー
 ドミンゴ、レオ・ヌッチ、スミ・ジョーが絶好調のように見えた。最後の仮面舞踏会が始まるところの大がかりな舞台転換が見物!

5:【DVD】オテロ 全4幕/G・ヴェルディ(出演)プラシド・ドミンゴ、ガブリエル・バキエ、マーガレット・プライス、ジェーン・バルビエ、ホルスト・ラウベンタール (指揮)サー・ゲオルグ・ショルティ、パリ・オペラ座管弦楽団 合唱団 演出:テリー・ハンズ 発売年:1999年 1976年6月パリオペラ座ライブ収録
  パッケージに、「オリジナル原版にノイズありご了承を」の表示。ぴっくりするくらい、ぼやけ、びりびり状態。この映像を商品化して売ることじたいにびっくり。録画技術に問題が、またはオペラ座で何かがあったのか。。。内容は、冒頭の戦勝場面からして、もう終わるんですか?と思わせるような盛り上がり。歌の力ですね。ドミンゴのオテロが、重く、悲しい。

6:【DVD】モーツァルト/歌劇『ドン・ジョヴァンニ』全2幕(出演)ペーター・マッティ(Br)ジル・カシュマイユ(B)ネイサン・バーグ(B)マーク・パドモア(T)アレクサンドラ・デショーティーズ(S)ミレイユ・ドランシュ(S)リサ・ラーション(S)(指揮)ダニエル・ハーディング マーラー・チェンバー・オーケストラ 演出:ピーター・ブルック 2002年エクサンプロヴァンス音楽祭 
 登場人物が個性的で面白い。マッティは、やはりまろやかな声に、迫力ある舞台姿。先日TVでみたドン・ジョバンニと甲乙つけがたかった。舞台はほとんどベンチしかないが、物足りない気もしなかった。歌手陣に相当演技力が求められて難しいのではなかろうか。ツェルリーナは・・・ノーコメントです☆

コメント

はじめまして。
この記事を読ませていただいて、
僕も、ハイティンク/ACOの放送を、予約録画していた事を思い出しました(汗
ありがとうございます!
しかし、スゴイ数を見てますね!?
素晴らしいですよ。
せばすてぃあんさん、はじめまして!生放送はめったにないので、今回はしかとTVの前で見ましたよ。オペラは公演もLiveでの鑑賞機会も少なく、記事にした方が歌手の名前も覚えられると思って上げています。限られた時間の中で、できるだけたくさん見たいですね。

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://xiahsteph.blog75.fc2.com/tb.php/69-fd7416a5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。