にほんブログ村 クラシックブログへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『007/慰めの報酬』 監督マーク・フォースター 出演:ダニエル・クレイグ、オルガ・キュリレンコ、マチュー・アマルリック、ジュディ・デンチ

 映画館で観る映画は、どうやって選ぶでしょうか。「これがみたい!」というのに行きたいけれど、実際はたまたまそのときの上映作品の中から選ぶことが多い。単純。今回は、これまでまともにみたことがなかった007をみることに。
 前編の経緯や組織がよく分からない中、英国のMI5は実在だけどボンドが所属するMI6は架空だったよな、などと思いつつ迫力あるアクションシーンに圧倒。冒頭のカーチェイスは画面の転換が速過ぎて、今ぶつかったのどっち?今撃ったのどっち?今崖から落ちたのどっち??まあ、主人公が落っこちるわけないか・・・高齢者にはわけ分からんのではないでしょうか。シリーズものだから長年のファンもいるわけで。
 ボンドが尽くす上司をジュディ・デンチが確かな存在感で演じており、こういう人でないとファンも納得しないのでは。だってボンドが尽くしちゃうんですよ危険をかえりみず敵を追撃する説得力にもなっていたような気がしました。実はこの方、先日TVでみたばかり。『ラヴェンダーの咲く庭で』でも個性的に繊細に老姉妹の妹を演じておりました。

コメント

私も時間優先で映画を選んでしまいます。
見るつもりが無かった映画を偶然見て、結果的によかった!と言うことも結構ありますし。
ジュディ・デンチ・・・凄すぎます!
ラヴェンダーも映画館で見ましたが、年甲斐も無く青年に心動かされる可愛い老女が痛々しくて・・・・ベルのヴァイオリンも良かったですね。
jupiterさん、こんばんは。ラヴェンダーは、切ない映画でした。violinがより一層切なさを際立たせていて。ベルは『レッド・バイオリン』の演奏でも活躍していましたね。

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://xiahsteph.blog75.fc2.com/tb.php/67-a6306a88
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。