にほんブログ村 クラシックブログへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
矢野玲子(vl)セルゲイ・クズネツォフ(p)演奏会
バルトーク:ソナタ第2番、ブラームス:ソナタ第1番 ト長調 op.78「雨の歌」
バルトーク:ルーマニア民族舞曲

 開場時間ぴったりくらいに行ったら、人気なのか入り口に列ができていた。その後、開場前から並ばないでください、とのアナウンスが。矢野さんのviolinは、いつもながらの集中力を持った演奏。
 バルトークのviolinソナタは、アフリカのアルジェリアまで足を伸ばし、民謡を収集しただけあって、民族的な旋律とピアノの打楽器的な音響との調和がなされた作品。。。このピアノがどうも聴き慣れなくて、聴きこみが足りないだけなのかもしれませんが。stephはメロディーが追えないと聴いてて楽しめないところがあるので、バルトークはまだピンときません。

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://xiahsteph.blog75.fc2.com/tb.php/52-09443fac
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。