にほんブログ村 クラシックブログへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マーク・ストリンガー指揮、都響&オーギュスタン・デュメイ
ベートヴェン:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調
ブルックナー:交響曲第6番 イ長調(ハース版)

 これでようやく年内に今年前半のコンサート振り返りが終了。
 ベトベンのviolin協奏曲に、デュメイのviolinということで行くのを即決。グリュミオーの系譜に連なるデュメイのviolinは。。。やはり美音だった~。そのデュメイでも、第3楽章はけっこう激しいんですね、もとい勢いがあった。第1楽章のviolinとオケの対話をとっても楽しみにしていたものの、オケの方が音も小さく、主張も小さく、ちょっとソリストに遠慮してましたかね?P席だったから管の音が直進して聴こえにくい部分もあったのでしょうか。violinもデュメイの長身(2m?)に隠れがちでしたけど。
 前半よりかなり音量も上がったブルックナーの第6番、手に力を込めて放つ、みたいな指揮者ストリンガーさんの左手から放たれる音楽は、勇壮かつ壮麗。名づけてドラゴンボール的指揮姿(?)。この曲はCDできいていたよりもLiveの方が何倍もよかった!第2、第3楽章の重厚さに比べると第4楽章がちょっと軽い、というのも感じるけど、楽章の最後の和音が、えもいわれぬほどの美しさ。この、ぐわわん、みたいな音が、オルガニストブルックナーらしさを表しているのでしょうか。

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://xiahsteph.blog75.fc2.com/tb.php/50-a4762c7c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。