にほんブログ村 クラシックブログへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マリス・ヤンソンス指揮ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団@サントリーホール
ドヴォルジャーク:交響曲第8番
メンデルスゾーン:交響曲第4番「イタリア」
ラヴェル:ラ・ヴァルス
encore
ドヴォルジャーク:スラヴ舞曲 op.72-2
J.シュトラウスⅡ:ポルカ・シュネル『ハンガリー万歳』 op.332

 今日は客層が違った!会社役員然とした人、着物の人etc...休憩中も、「お久しぶりです。」など社交場と化してた。
 それはおいといて、まずはCD(カレル・アンチェル指揮コンセルトヘボウのライブ録音)で愛聴していた目当ての第8番。木管(フルート大奮闘!)、金管が上手なのは言うまでもなく、それぞれのメロディーラインが混濁することなく重なり合ってすばらしい響きを奏でていた。第2楽章は表情をつけて、第3楽章は歌うように、第4楽の一部はゆっくりめのテンポで、丁寧に。
 「イタリア」も、言うことなし。ただ、1曲目よりだいぶ小さな編成に変わって、席が遠かったためか、欲をいえばもう少し音が欲しかった。曲調が曲調なだけに、ブルックナーみたいのを求めるわけではないけど、2曲を通してこんなものじゃないだろ?的な部分はありました。コンパクトに上品に、を意図していたのでしょうか。高価な席なのに。。。
 それをちょっと払拭してくれたラ・ヴァルス。流石、バーンスタインがその指揮台には立てなかったけどウィーン・フィルのニューイヤーコンサートのプログラムに入れようとした曲?!先の2曲とは個性が異なるので面白かったし、あの独特のリズムを一糸乱れることの無いアンサンブルで弾ききってしまうあたり、見事!
 初・生・コンセルトヘボウ&ヤンソンス、堪能しました。

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団 横浜公演


音楽を聴く喜び。:ヤンソンス指揮ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団演奏会。


ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団演奏会 ヤンソンス指揮

コメント

minaminaです。こちらでは初めてでしょうか。よろしくお願いいたします。
ヤンソンス&コンセルトヘボウ、素晴らしかったですね!個人的にはドヴォルザークが最高でした。まぁとにかく音が舞台から溢れてくるようで。このコンビなら何度でも聴きたいですよね。
初めましてでございます(^^)。
おおっ?!この日はアンコール2曲だったんですね(笑)。14日のヤンソンスさんは咳き込む場面があり、やや体調に不安があったかもです。といってもアンコール1曲やめただけで、演奏は全曲とも素晴らしかったと思いますが。

TB、ありがとうございました。
当方からもTBお願い致しますです。
>minaminaさん
ドヴォルザーク、よかったですよね!
変化もつけてたみたいで、聴くのもちょっと緊張しましたが、今年のハイライトの予感、当たりでしたよ。

>左党さん
スラヴ舞曲にポルカ、嬉しかったですよ。
横浜公演もよかったのですね。
今後ともよろしくお願いします。

こんばんは。はじめまして。
みなとみらいに行きましたが、予想通りの楽しさに、ヤンソンスをあらためて見直しました。
サントリーもよかったご様子、アンコールも2曲やったのですね。
例年、興が乗ると2曲、かつてオスロフィルとの来日を聴いた人の話だと、3曲もやってしまうサービス精神万点のヤンソンスであります。
来年は一方の手兵バイエルンとおそらく来日します。今から楽しみですね。
両オケともに名コンビとなりつつあります。
コメントありがとうございます。昨日はピアノ、今日はviolinを聴いてきました。
やはり来年のバイエルンも楽しみですよね。
1年も先ですが、来年の秋は、興味があるのがたくさんあるので、全部行っていたらすごいことになりそうです。

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://xiahsteph.blog75.fc2.com/tb.php/32-7b272ff3
待望の、ヤンソンス&コンセルトヘボウの来日公演に行ってまいりました(^^)。  
マリス・ヤンソンス指揮ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団の演奏会を聴く。もともと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。