にほんブログ村 クラシックブログへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリストフ・エッシェンバッハ指揮ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団2011.10.13(木)
シューマン:交響曲第2番 ハ長調 op.61
J.シュトラウスⅡ:ワルツ『皇帝円舞曲』 op.437
encore J.シュトラウスⅡ:ワルツ『美しく青きドナウ』、ポルカ『雷鳴と稲妻』

 ウィーン・フィルが来日していて、サントリーホール前のカラヤン広場で初日公演の後半のライブビューイングをやるということで、行って来ました。
 整理券を17:00から配布でしたが、17:00?何のこと?という時間帯なので、当然行く気はなく、軽く残業しても、スタートは20:00からなので、少し前に行って席が空いていたら座れるかな、程度の気持ちで向かいました。
 会場入り口に、整理券を受け取る係りの人がいたのできいてみたら、席が空いているのでどうぞ、ということで入場。前半にアンコールがあったとのことで、少し時間がおしていたみたい。前半のソリストは・・・ラン2か。
 スクリーンは少し高い位置でしたので、わりと視界はとれました。音量は大きめでしたが、屋外のためか、始終ゴーッという音がしていて、流石に厳しいものがあり、やっぱり国際フォーラム(屋内)でのライブビューイングより不利ですね。生音に勝るものはないから、雰囲気を楽しむってものでしょうか。すぐそこのホールで演奏していると分かっていても、臨場感もあまりなし。変わったPGだなとか、映像を見て、指揮姿の見栄えがあんまりよくなくても、ウィーンフィルの指揮台に立てるんだ、とか不謹慎なことを考えてみたり。でも、ウィーン・フィルの健在な感じは伝わってきました。とくにシューマンの第2楽章の弦は元気でしたね。

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://xiahsteph.blog75.fc2.com/tb.php/184-5e158f77
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。