にほんブログ村 クラシックブログへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジョナサン・ノット指揮バンベルク交響楽団@サントリーホール 2009.10.19(月)
ブラームス:悲劇的序曲 ニ短調 op.81 ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 op.77 クリスティアン・テツラフ(Vn) encore J.S.バッハ:パルティータ第三番よりガボット J.S.バッハ:ソナタハ長調よりアレグロ・アッサイ
ブラームス:交響曲第2番 ニ長調 op.73 encore ブラームス:ハンガリー舞曲第2番、第10番
 
 本日のコンチェルト、ベースは甘い音なのですが、語り口は、非常~に個性的な味付け。演奏が、演奏姿ではなく音じたいが、熱い。ていうか燃焼してた!カデンツァなど一人になると、勢いが止まらないというのか、”速い”ではなく”spead up”か”faster”みたいに加速していく感じ。あまりのたたみかけに、映画『レッド・ヴァイオリン』のようなエロスさえ発散していた瞬間があったような気がした。最終楽章のあたりはもう目をむいて見てしまいました。ハトがまめでっぽうくらったみたいな顔っていうのでしょうか。んー、すごい。それにつけてる指揮者とオケもすごい。オケの弦は、”曲を弾いている”というよりも、”呼吸してる”かのように弾きますね。
 ブラームスに対してバッハのガボットは、とても明るく、やさしい光を投げかけるような演奏で、一方ソナタはまるで現代曲のように聴こえ、やはりとても個性的。
 第2番は、麗しくかつ重厚。指揮者はなにかつぶやいてましたね。うなってたのでしょうか。そして30度くらい前傾してたので、体力あるなーと違う方面に感心。
 ブラームスのコンチェルトの聴き比べは、聴きごたえありました~。第3弾の今回が、いちばんブラームスっぽくなかったけど、それぞれに味があって、忘れがたいです。

コメント

テツラフのブラームス、かなり個性的なようすね。
シマノフスキのヴァイオリン協奏曲を聴いたことがありますが、そう、意外と淡々と弾いているように見えながら、実に燃え上がった演奏だったように記憶しています。
ノットになって、バンベルクの音は少し明るくなったのでしょうか。前は本当に渋~い、これぞブラームス!といった音を出していたのですが。ノットの若い感性と渋めで重厚なバンベルクの音がうまく融合した、素晴らしい演奏を今後も聴かせていくことを、期待しています。
はい、どちらかというと、ストラビンスキーといわれれば、その方が近いような。なんか容赦ない感じが。
ドイツのオケでブラームス、でも予想ほど地味な音ではなく、”ひなびた音”ではなかったような気がしました。次回は、正面で聴いてみたいです。

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://xiahsteph.blog75.fc2.com/tb.php/123-223848bb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。