にほんブログ村 クラシックブログへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゲルハルト・ボッセ指揮ブルーメン・フィルハーモニー定期演奏会@杉並公会堂 2009.9.22(火・祝)
メンデルスゾーン:序曲「静かな海と楽しい航海」 モーツァルト:交響曲第40番 ト短調 K.550 シューベルト:交響曲第2番 変ロ長調 D.125 encore シューベルト:交響曲第2番 Andante

 腰の曲がった老人の両腕から放たれる音楽は、いきいきと瑞々しかった。
 音の入りかた出、残響まで、神経の行き届いた美しい響きで、アマチュアを感じさせず。
 「Speaking!」(18世紀の音楽の根本は、話し言葉から来るアーティキュレーションであり、生き生きとしたアーティキュレーションを見つけ出して演奏すれば、音楽は突然、楽しく魅力的なものになる。)とのボッセ氏(1922年生まれ)の言葉を体現するかのような演奏でした。

 さて、音楽の友9月号に”旬なア-ティスト特集”があり、来日演奏家を中心に記者の趣味で選んだ感はあるものの、ピアノのガブリリュクなど先日聴いたアーティストが入っているとちょっと嬉しかったり。
 アーティスト紹介のコマでは、テノールのJ・D・フローレスだけ書きぶりが異なるのには笑いました。他は、個性派○○歌手とか、○○歌手としては最も高い水準を行く人とか書かれているのに、JDFの場合は、「ベル・カント歌手というジャンルにおいて、人類の進化の最先端にある存在」ときました!そして「20世紀後半のベルカント・オペラ復興(その中心にカラスがいた)以降、多くの優れたベルカント・テノールが登場したが、フローレスほどに、素材・技術・音楽性・容姿のすべてにおいて恵まれたテノールはいない。このテノールの成長を見続けられるのは、同時代に生きる我々の喜びであろう。」のように結ばれています。聴けるものなら一度Liveで聴きたいし、見続けられるものなら見たいものです!

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://xiahsteph.blog75.fc2.com/tb.php/121-979ef8e4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。