にほんブログ村 クラシックブログへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エサ=ペッカ・サロネン指揮フィルハーモニア管弦楽団@東京芸術劇場2010.5.30(日) サロネン:ヘリックス チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲 ヒラリー・ハーン(vl) encore バッハ:サラバンド シベリウス:交響曲第2番 encore シベリウス:付随音楽「ペレアスとメリザンド」から第8曲メリザンドの死 組曲「カレリア」から第3曲行進曲風に 付随音楽「クオレマ(死)」から第1曲悲しいワルツ

 1曲目は、打楽器から始まりオケへと広がっていく曲で、現代音楽にしては、聴き易い。
 そして、パガニーニのviolinコンチェルト第1番や、モーツァルトのソナタのCDが好印象で、チャイコフスキーに期待と一抹の不安を抱きながら、高名なviolinistヒラリー・ハーンを、やっと初鑑賞です。
 旋律のどこからどこまでも整った通る音で、ここまで細部まで聴かせてくれるソロは、めったにないのでは。この曲に関しては、あまりにも音を整えることなく、激しく弾いて欲しいという期待がある一方で、ハーンの演奏は、全くそういった激しさからはかけ離れた整然とした美しさがあって、聴いていて冷静になってしまうくらい端整。きっとそういうもの(濃厚なチャイコフスキー)は志向していないのでしょう。正確に演奏するだけでなく、作品の本質を表現する(聴き手に伝える)ということは演奏家として百も承知で、その上で選択したアプローチなのでしょうから。といっても、すばらしいからといって、感動するわけではないのですよね。
 直前にヴィクトル・トレチャコフ/フェドセーエフ指揮モスクワ放送響のCDを聴いていってしまったため、あまりのアプローチの違いに唖然としたところもあり。こちらの方が、どこまでも美しい音でありながらも泥臭さも感じさせるような濃さがあって、かつ、ついていけなくなる程の緩急はつけていなくて、しっくりきます。
 オケは、pはしぼってソロを引き立て、第3楽章では音階を駆け上がるところを非常に加速するなどメリハリもあって、よくつけていました。
 シベリウスの第2番は、これまた直前にバーンスタインのCDを聴いてしまったけれど、こちらはそれに勝るとも劣らない盛り上がりと、静寂の美しさを体感できた。オケは繊細なpから最高潮の最終楽章まで指揮者の要求に充分応えて、どのセクションも音よし反応よし。今月2つ目のイギリスのオケを聴いたわけですが、こちらは自分も拍手鳴り止まずの状態。いいオケですね~。なんでもゆーこときいてくれそう。サロネンだけ、ていわれたりして。
 サロネンの指揮姿(後姿)は、初めて見ましたが、正直言って、けっこうかっこよかった。今まで見た中で、トップクラスでしたよ。
 この日の演目は、シベリウスの第2番やカレリア組曲とメジャーな曲が多くて、欲を言うなら第2番以外が聴きたかったけど、シベリウスが堪能できて、他の公演にも、俄然行きたくなりました。チケットとってませんが、幻想交響曲なども、かなり期待できそう。また来日するときには、詣でようかな~。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。