にほんブログ村 クラシックブログへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
NHK音楽祭Plus イルジー・ビェロフラーヴェク指揮BBC交響楽団演奏会@NHKホール2010.5.12(水) エルガー/序曲「南国で」 シベリウス/バイオリン協奏曲 神尾真由子(バイオリン) encore パガニーニ:24のカプリースから13番 ドボルザーク/交響曲 第9番「新世界から」 encore ドボルザーク:スラブ舞曲 作品72から第7番 フチーク:行進曲 「剣士の入場」 ドボルザーク:スラブ舞曲 作品72から第2番

 恒例の秋の音楽祭より一足先に、プロムスLastNightで熱い演奏をするBBC響を聴いてきました。
 明るい音で繰り出したエルガー、このオケの特長なのでしょうか、色彩豊かでこの後の曲への期待も高まりますが・・・
 お目当てのシベリウスのコンチェルト。静かにしめやかに美しい音で始まったviolin、テンポを抑えて、丁寧に、抑え気味の歌い回しと音色は、この曲にふさわしい。コンクールで選曲しただけあって、技巧的にも細部まで聴かせてくれます。微妙な話をすると、第1楽章の途中からすでに(!)ピッチが半音外れてきた箇所があったような気がしたのは、気のせいかもしれません。後で思い返してみると、同じくこの大きなホールで、最後まで何の狂いもないかのごとく合わせてきたバティアシュビリは、やはり並々ならぬものがあったのでしょう。
 オケとの調和という点でも、遅めのテンポによく(我慢して?)合わせていたようですが、緊迫感の欲しいフィナーレで、やはりはしってしまうのは、分かる気がしました。対するオケの方は、木管に丸く平和な雰囲気の音を出されると、シベリウスで、なんか違和感。
 「新世界より」も、刻むような遅めのテンポで(休止符の箇所はよいとして)、指揮者のお国ものにしては、スラブ独特の香りが薄く、ちょっと吹奏楽的に思えるほど管が目立つせいか、弦の味わい深い音がほとんど届いて来ない(アンコール3曲目でようやく弦の音色をよく聴けた気がした)のは、狐につままれたような気にもなりました。席は3階の左サイド前方で、昨秋同じ会場の丁度反対側の席で聴いたシャイーのときは、全くそんなことはなく、弦のパートの音色も聴き取れて全体のバランスもすばらしかったのに、おかしいなあ。反応は、もちろん人それぞれなのですが、隣席のスーツの男性は、1-2曲目までは力ない拍手だったのに、3曲目からアンコール全3曲の後まで、始終割れんばかりの拍手。イルジーのファンかな。どこがそこまで良かったんでしょー?
 7月16日(金)に、教育テレビ「芸術劇場」で放送されるようです。
スポンサーサイト
 ハチャトリアンのviolin協奏曲(とショスタコーヴィチの交響曲第1番)という曲目から、明日の一般発売日だけはチェックしていた都響の9/24定演ですが、ソリストがキャンセルしていたことを最近知りました。代役は、なんと、セルゲイ・ハチャトゥリアン! 作曲家と同じアルメニア出身で、CDもシベリウスとのカップリングでリリースしています。えてして代役にえ?!と驚くような人を呼んでくるパターンてありますが、今回に関しては、2,500円~6,500円で聴けるなんて、本っ当ーに価値あります(まだLiveで聴いたことないけど)。ようやくLiveが聴けるー。

 本日は、急に思い立って、日本橋三井タワーのアトリウムコンサートへ。
 ハチャトリアンのvlコンチェルトがお目当てでしたが、これはマリンバの演奏でした。音色的にはviolinほどの憂いは出しづらい気がしましたが、violinの楽譜をそのまま演奏しているとのこと。視覚的にも、あっちへいったりこっちへいったり手強い曲というのが見て取れました。ピアノパートも好演。入場無料で良質なコンサートですが、弦は音響的に少し聴きとりづらいのが残念でした。

ニーノ・ロータ:即興曲 フォーレ:ピエ・イエス サラサーテ:カルメン幻想曲 
近藤 薫(バイオリン/東京フィルフォアシュピーラー→仙台フィルゲストコンサートマスター)森 夕希子(ピアノ/ピアニスト) マスネ:タイスの瞑想曲 金木 博幸(チェロ/東京フィル首席)
ハチャトリアン:バイオリン協奏曲第3楽章 ブリガリア民謡:告白 モンティー:チャールダッシュ 安江 佐和子(マリンバ/パーカッショニスト)森 夕希子(ピアノ/ピアニスト)
5/30~6/4 クラシック倶楽部 熱狂の日2010
6/18(金)芸術劇場 ダムラウ&メストレ ジョイント・コンサート シューマン、フォーレ、ドビュッシー、R.シュトラウスの歌曲他
6/26(土)NHK-hi パリ・オペラ座 ベッリーニ:歌劇「夢遊病の女」 デセイ ペルトゥージ
 新国立劇場 ベルク:歌劇「ヴォツェック」
6月は、W杯もあるし、容量空けなきゃー。

それから、5/23(日)21時 NHKスペシャル W杯目前に、メッシをとりあげます!今シーズン、何回ハットきめたっけ?対アーセナルに4得点ってのもありました。インタビュー、またもの静かなんだろうな。
『NINE』原題:Nine 監督:ロブ・マーシャル 出演:ダニエル・デイ=ルイス、マリオン・コティヤール、ペネロペ・クルス、ジュディ・デンチ、ニコール・キッドマン、ケイト・ハドソン、ソフィア・ローレン、ステイシー・ファーガソン

 映画制作に行き詰ったグイドの人生模様。ストーリーは平凡だけど、豪華キャストと歌とダンスが楽しめます。トレーニング積んだんだろうな。ダンスの振付も激しいので、まさかデンチも?いや流石に踊らないだろう、なんて余計な思いを巡らせてしまった。砂浜の怪しい女(ファーギー)も、けっこう歌上手いと思ったら、なるほど歌手だったのですね(失礼!)。こういうジャンルの歌も、自由な感じが面白くてたまにはいい。妻役のコティヤール(のメイク)が随分O.ヘップバーンに似ている気がした。イタリアの街も絵になっている。
シャッターアイランド 監督:マーティン・スコセッシ 出演:エミリー・モーティマー, マーク・ラファロ, ベン・キングズレー, レオナルド・ディカプリオ

 連邦保安官のテディ(ディカプリオ)は、行方不明になったある患者を捜査するため、精神に異常をきたした犯罪者を収容する孤島に到着した。。。
 気軽に観に行くと、気分が重くなるかもしれません。途中、ホラーのような恐怖感で、’どうにでもなれ’的な鑑賞態度が入ってしまった。ホラーもO.Kな心理サスペンス好きな方には楽しめるでしょう。主人公の演技・表情も見物です。使用曲(クラシック)についても、続きの中に。
 以下、ネタばれあり。
続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。