にほんブログ村 クラシックブログへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第55回N響オーチャード定期 2009.7.4(土)
指揮:クリスチャン・ヤルヴィ ヴァイオリン:有希・マヌエラ・ヤンケ
メンデルスゾーン:序曲「美しいメルジーネの物語」op.32 メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 op.64 encore パガニーニ:カプリースよりNo.17
ベートーヴェン:交響曲第7番 イ長調 op.92 encore ルーマニア民族舞曲

 ヤルヴィ弟ならメジャーな曲でなくても行くのに、7番なんてハイテンションで演奏されたらついていけるだろうか、と一抹の不安を感じたのは杞憂だったようで。
 美しいメルジーネの物語は、アンサンブルの不思議な感じと清楚な感じとがあって、その名のとおり美しい曲であることを発見。
 メンデルスゾーンのコンチェルトは、初生鑑賞の期待がありました。どことなくほんわかとした雰囲気の優しい音で丁寧に奏でるviolinで、演奏後のあたたかい拍手によってオーディエンスに受け入れられたことを物語っていました。個人的には、より正確な音程で、もっとはりつめた音で奏でられるこの曲の演奏を好みます。
 第7番ですが、押せ押せ一辺倒ではなくひとつとして変化のついていないパートはなくて、第2楽章の表現から最終楽章の躍動感まで全編に渡って興味津々。さすがに盛り上がりのドライブ感は、音楽のジャンルを超えんばかり。これほど爽快感をもたらしてくれるLiveってなかなかない。
 K・ヤルヴィは、すらっとして髪もさらさら、背筋が真っ直ぐでリズム感もよく棒も自在で、指揮姿(後姿)がかっこいい指揮者の上位に入ると思うのですが、いかがでしょうか。髪をかき上げる回数も少ないし^^。自分が生で聴いた(見た)中では、今のところNo.1です。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。