にほんブログ村 クラシックブログへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
堀内詩織(vc) 鈴木慎崇(p)@東京文化会館(小) 2009.6.7(日)
ウェーバー:アダージョとロンド ベートーヴェン:チェロ・ソナタ第3番 イ長調 Op.69
ドビュッシー:チェロ・ソナタ プロコフィエフ:チェロ・ソナタ ハ長調 Op.119

 招待券をいただいて行ってきたチェロ・リサイタルです。
 軽快なウェーバーから、ベートーヴェンの中期様式風の充実したソナタ、いかにもドビュッシーらしい緊張感みなぎるソナタ、ロストロポーヴィチ&リヒテル初演となった、チェロの楽器としての魅力を極限まで引き出すようなプロコフィエフのソナタまで、作品ごとの表現で安定感のあるチェロを聴かせてくれました。音の響きがこれからどんな風に変わっていくのか、在学中ということで、これからが楽しみです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。