にほんブログ村 クラシックブログへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ロシア・ナショナル・フィルハーモニー交響楽団ジャパンツアー2009@グリーンホール相模大野
ウラディーミル・スピヴァコフ(指揮)神尾真由子(ヴァイオリン)
チャイコフスキー:幻想序曲「ロメオとジュリエット」 ヴァイオリン協奏曲 交響曲第5番
encore チャイコフスキー:ワルツ、(2曲目不明)、Trepak 2009.6.21(日) 

 Russia(Rは巻き舌で。。)のオケでチャイコフスキーPG。
 ロメオとジュリエットを聴いているうちに、これは第5番は相当期待できるのではと思い始めていて。弦の分厚い響き(第1Vnプルト8?)が哀愁を帯びつつも美しく感動的で、クライマックスでは指揮者が大きく手を広げ、オケが鳴り響いてどこまで広がるのだろうと思うほど。曲を聴いている間に、無性にロシアのオケでオペラを聴きたくなりました。
 優勝記念コンサートをTVでは見ましたが、一度聴いてみたかった神尾真由子のチャイコフスキーのコンチェルト。とくに第一楽章では、冒頭深い音色から入り、ビブラートをきかせて憂いを帯びた音色、会場全体に行き渡るようなつややかな音色と、全く一本調子でなく、より多彩になった音色や表現に面白さがあり。ソリストがオケを引っ張るようなことろもありつつ、オケは全く急がず、それでも息は合っていたようで不思議。伸び盛りの今後もとても楽しみ。
 第5番ですが、やはりロメジュリで感じた弦の分厚い響きと、ホルンはじめ金管の健闘が光りました。トランペットはスタミナ切れしないどころかラストに向けてパワーアップしていった感じも。最終楽章の中盤は、アクセル踏むかとの予想(※)に反して、遅めのテンポを保ち、むしろ次第に減速していったような感さえありました。面白いですね。堂々とした華やかな仕上がり。
 なんとなくオケの和気あいあいとした雰囲気もあったカーテンコール、アンコールもallチャイコフスキーでしたが、Trepakではタンバリンに目と耳を奪われました。構え方からして違ってました!
 ※うちにある第5番のCDはムラヴィンスキーの1961年の録音で、すごく疾走感があるのです。何の因果か職場の先輩が荷物整理しているときに出てきたとかで譲り受けたものです(当時、地方勤務の可能性があったのでそれを予測しての行動です。「これ、いる?」といわれてなぜにチャイコ?と思ったのですが。そのときはマイブームでもなかったし。)。その方は結局地方への異動はなかったものの、その後事情で家業を継ぐことになりUターンしてしまわれました。元気かなー。
スポンサーサイト
平均律クラヴィーア曲集 第1巻[全24曲]
マルティン・シュタットフェルト/ピアノ@所沢市民文化センター MUSE アークホール 2009.6.14(日)
encore プロコフィエフ:トッカータ バッハ:シチリアーナ

 第1番のプレリュードは、アヴェ・マリアの伴奏(のもとになった曲)だったのですね。最近チェネレントラの予習ばかりして平均律を聴いていなかったので、精神統一かと思いました。。。アーヴェーマリーア、グラーツィアプレーナ、ドーミヌステークム、ベーネーディクタトゥー、インムーリーエリブス・・・(ラテン語分かりません、カナでしか書けません)♪
 ライプツィヒ国際バッハ・コンクールで優勝しているシュタットフェルト、ミスタッチがほとんどなく、響きの豊かな、スケールの大きいピアノを聴かせてくれました。大ホールだからか、Liveだからか、音が響きすぎる感じもしたのですが、ちょっとペダルの踏みを変えて、響きを絞ってみたらより輪郭がはっきりしてよいかも、と想像してしまうくらい。自分はバッハの曲にsacredなイメージをもつのですが、このバッハは起伏が大きくてまた違った印象でした。
 アンコールのプロコフィエフの方が、ダイナミックで本人のピアノに合っている気がしましたが、シュタットフェルトはなんでバッハ弾くのでしょうね。好きだから?ドイツ出身といわれるとなんとなく正統派な気がしますが、実際はそれでは納まりきらないのかも。

 ところで、樫本大進さんがベルリン・フィルのコンサートマスターに就任内定とのこと。記事はこちら

。ソリストからコンマスへ、レパートリーもパートも異なるしリーダーシップも求められるし、かなりの環境の変化でしょうが、活躍を期待したいです。
堀内詩織(vc) 鈴木慎崇(p)@東京文化会館(小) 2009.6.7(日)
ウェーバー:アダージョとロンド ベートーヴェン:チェロ・ソナタ第3番 イ長調 Op.69
ドビュッシー:チェロ・ソナタ プロコフィエフ:チェロ・ソナタ ハ長調 Op.119

 招待券をいただいて行ってきたチェロ・リサイタルです。
 軽快なウェーバーから、ベートーヴェンの中期様式風の充実したソナタ、いかにもドビュッシーらしい緊張感みなぎるソナタ、ロストロポーヴィチ&リヒテル初演となった、チェロの楽器としての魅力を極限まで引き出すようなプロコフィエフのソナタまで、作品ごとの表現で安定感のあるチェロを聴かせてくれました。音の響きがこれからどんな風に変わっていくのか、在学中ということで、これからが楽しみです。
ロッシーニ:歌劇《チェネレントラ》@新国立劇場
出演:【ドン・ラミーロ】アントニーノ・シラグーザ 【ダンディーニ】ロベルト・デ・カンディア 【ドン・マニフィコ】ブルーノ・デ・シモーネ 【アンジェリーナ】ヴェッセリーナ・カサロヴァ 【アリドーロ】ギュンター・グロイスベック 【クロリンダ】幸田 浩子 【ティーズベ】清水 華澄 【指 揮】デイヴィッド・サイラス 【管弦楽】東京フィルハーモニー交響楽団 【演出・美術・衣裳】ジャン=ピエール・ポネル 【再演演出】グリシャ・アサガロフ

 カサロヴァが新国立劇場に来るので、行って来ました。ブルガリアの名花カサロヴァに、世界のロッシーニ歌いを集めての今月の新国立劇場です。
 すごい~。すごいよ、カサロヴァ。公演2日目のこの日は、ブラヴォーの嵐でした。正直いってこれまで行ったLiveの中で、最もブラヴォーが飛び交った公演だったかもしれません。
続きを読む
平野玲音(vc) 横山加奈子(vl) 2009.6.6(土)
バッハ:無伴奏チェロ組曲第6番 ニ長調 伝承曲:鳥の歌(カタルーニャ民謡)
ヨハン・ハルヴォルセン:ヘンデルの主題によるパッサカリア(violinとチェロのための編曲版)

 なんということか。前回と前々回に、ブラームスやシュトラウスの作品を品良く優雅に聴かせてくれたのでしたが、今回のバッハは、無伴奏のため目立ってしまうのか、ところどころミスも散見され、聴きごたえとしてはいま少しだったかなと。一言で言えば、バッハの無伴奏がいかに難曲であるかということなのでしょうか。
 後半は、国際平和デーにカザルスが右手を高く上げて鳥が飛ぶように動かした後演奏したというエピソードのある鳥の歌と、ノルウェーのハルヴォルセンのviolinとヴィオラのための二重奏曲の編曲版で、とてもよい曲と感じられました。
 ところで、アメリカのフォート・ワースで行われていたヴァン・クライバーンの国際ピアノコンクールで、辻井伸行さんが優勝しましたね。ショパン・コンクールで批評家賞を受賞してからだいぶ経った気がしましたが、まだ20歳。報道によるとピアノに特化したコンクールとしては有名なコンクールとのこと。健闘をたたえたいと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。