にほんブログ村 クラシックブログへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第1646回N響定期公演@NHKホール 2009.5.9(土) 指揮+ピアノ:オリ・ムストネン
ムストネン / 3つの神秘(2002) ベートーヴェン / ピアノ協奏曲 ニ長調(ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品61の作曲者自身による編曲)
シベリウス / 交響曲 第6番 ニ短調 作品104 シベリウス / 交響詩「フィンランディア」作品26

 知り合いの演奏するヴィオラ・ダ・ガンバを聴いたのがだいぶ前なので、今年のLFJで聴いてみようかと思ったのですが、ヴィオラ・ダ・ガンバが入った演奏会は少なかったようです。
 3日連続参加のSonnenfleckさんのピエルロ(Gam)他公演レポはこちら。熱狂の復習―5月5日(火)



 さて、グリーグのピアノ協奏曲のCDでは、強い打鍵(強打とはいってません。。。)による怒涛のような低音パートを気に入っているムストネン、お国もののシベリウスと自作曲の指揮に、ピアノまで弾いちゃうんですよー、それもベートーヴェンのviolin協奏曲の編曲ですよー。ということで、楽しみにして行った演奏会。当日の原宿は、P○fumeのLiveがあったらしく、ごった返していました。
 結果的にこの曲はvolin協奏曲の方が素敵だということを再認識しました。ピアノだとどうしても、弾いた瞬間から音が消えていきますから、高音や弱音の長い音で奏でる切なくも美しい旋律は、violinでなくては表現しきれません。カデンツァは異なるのでその辺の面白さはあります。また、ムストネンのピアノは予想どおり弾むようなアタックでした。
 シベリウスは、前夜の演奏に比べると、ぐっとくる度は高くなかった。同じ3階席でも、こちらのホールの方が遠いからか?最終楽章はティンパニが効いていて、北欧の風ような清々しい曲ですが、演奏頻度はあまり高くないらしく、押し寄せる旋律に身を浸したかったです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。