にほんブログ村 クラシックブログへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ラ・フォル・ジュルネ「熱狂の日」音楽祭2009@東京国際フォーラム
J.S.バッハ:管弦楽組曲 第3番 ニ長調 BWV1068
ヴィヴァルディ:4つのヴァイオリンのための協奏曲 ロ短調 作品3-10
J.S.バッハ:4台のピアノのための協奏曲 イ短調 BWV1065
ファニー・クラマジラン(ヴァイオリン) 南紫音(ヴァイオリン) ネマニャ・ラドゥロヴィチ(ヴァイオリン) パヴェル・シュポルツル(ヴァイオリン) リディヤ・ビジャーク(ピアノ) サンヤ・ビジャーク(ピアノ) クレール・デゼール(ピアノ) アンヌ・ケフェレック(ピアノ) シンフォニア・ヴァルソヴィア ジャン=ジャック・カントロフ(指揮)

 PGに記載がなかったものの、1曲目のネマニャはヴィヴァルディの四季「春」!席は2Fの最後列でしたが、それでも、しかもアンサンブルでもネマニャのviolinはよく聴こえるのですね。はつらつとした春でした。2曲目は、G線上のアリアを含む管弦楽組曲、心地よくて、少しうとうとしました。ここ2日くらい、寝る前に開いた本が面白すぎて、寝つけなかったこともあり。本のタイトルは、クラシック音楽鑑賞記にあまりふさわしくないと思われるので、伏せときます。ジャンルは、国際政治です(あ~、ゆってしまったー。。。)。ホールAですから、なんか遠くで鳴ってる感じも。とくにソリストがいなくなると。3曲目、ソリストは女性二人男性二人でしたが、シュポルツルともう一人は誰だったのでしょう。これもソリストの音は、よく聴こえました。出るとこは出て、アンサンブルも美しい。4曲目、オケの前に並んだ4台ピアノ壮観でした。ケフェレックのピアノを単独で聴いてみたい。華やかなラストまでよく合って見事でした。1時間で4曲、出演者も多くてちょっとオールスター的雰囲気の演奏会でした。
 stephの今年のLFJはこの1公演のみだったので、LFJとは別に6月に平均律を聴きに行くことにしました。
 5/10追記:来年のテーマは生誕200年のショパン。LFJ公式レポート

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。