にほんブログ村 クラシックブログへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ふだんTVはほとんど見ない(見れない)ので、録画して見ることが多いのですが、珍しく(!)クラシック音楽以外の番組、4月に放送された『プロフェッショナル 仕事の流儀』の血管外科医大木隆生氏の回を見ました。
 びっくりしました。理由その1:週1回の診療日(あとは手術の日でおよそ800件/年)は、朝6:40出勤、終わったのは午前4時、その間休憩なし食事なしの働きぶり(ご自愛くださいの世界です)。
 その2:使命感で仕事をする。氏いわく、「プロフェッショナルとは、経済的動機付けではなく、使命感ややりがいを原動力とし、ことに当たる。それでいて自己の利害、ときには命もかえりみない、いわば、アマチュアリズムの極致が、プロフェッショナルではないでしょうか。」。
 生活のために仕事をしている人が大多数であって、人に喜ばれたいから仕事をやっているというのはまれだと思うのですよ。それを実現しているのがすごい。実際アメリカで活躍していて日本の母校の病院に呼び戻され、年収は10分の1以下になったらしい。やりがいという意味では、音楽家の人たちにも、この種の憧れみたいなものを感じることもきらきらおんぷ。「100回生まれ変わっても、100回医師を選びます。」という、信念の人ですね。番組HP



 さて(さてが最近多い)、先日、涙もろくなってきたという話をしたのですが、何の先入観もなくふと聴いてほろっときそうだったのが、フリードリヒ・グルダのCD『グルダ・プレイズ・シューベルト』。
 シューベルトは同郷の作曲家故に弾くのを控えてきたらしいグルダが、他界する前年に残したさりげなく飾らない演奏であり、自宅で自分のために演奏したプライベート録音。ライナーも、シューベルトのピアノ曲&演奏も、グルダのアリアも泣ける。
 以下、ライナーから抜粋します。
続きを読む
スポンサーサイト
『グラン・トリノ』 監督: クリント・イーストウッド 出演: クリント・イーストウッド/コリー・ハードリクト
 奥さんに先立たれた偏屈な老人が肉親との距離をうまく保てないまま、愛車グラン・トリノを巡るハプニングから隣家のアジア人家族と親しくなる中で、己の生と死を見つめるヒューマン・ドラマ。
 この先結末を書きます。『ミリオンダラー・ベイビー』のときもそうでしたが、どうもラストが悲しい。グラン・トリノを少年に託して穏やかに永眠する、という平凡な幕切れでもよかったような気もしますが、大事件を起こすことで少年に勇気を与えようとしたのでしょうか。
 映画を観るなら、ヒューマン・ドラマを観たいと思う今日この頃なのですが、先日TVで『麦秋』をみました。悲しいから泣けるという映画ではなく、みんなヒロインのことを心配してるのだな、ということがひしひしと分かって泣ける、小津作品らしく劇的なことは起きないけどじんわりとした感慨がわく、世界に誇れる名作でしょう。
 紀尾井ホールHPで目にとまった東京国際ヴィオラコンクール

に行ってきました。10:00-、13:00-、16:00-の時間帯で5-6人ずつ土日2日にわたって一次審査があり、5人だけ聴きました。課題曲はシューベルトのアルペッジョーネ・ソナタの第一楽章と、バッハのチェロ組曲第2番~第4番のうち1曲で、名前と国名のアナウンスがあり、登場して演奏の繰り返しですので、聴き比べみたいなことができます。会場は、がらがらでした!
 1人目:イスラエルから。チェロのような深い音で、心地よく聴くことができました。
 2人目:アメリカから。主張が強い演奏になっていたが、功を奏していたようには思えませんでした。
 3人目:フランスから。バッハの拍子のとり方が独特に感じられ、音階の部分がなんとなくアラブ風に聴こえてしまった(謎)。
 4人目:日本から。応援したかったのですが、完成度がどうだったでしょうか。
 5人目:中国から。ここまで1人目の人がいちばんよかったのですが、リラックスして演奏しているように見え、演奏会のように聴くことができました。ピアニストは最終審査でもピアノを弾くことになっているキリアン。
 総じて、ヴィオラの音が人それぞれだいぶ違って、音色の違いだけでも楽しめました。人が少ないからか、よく響くので、ヴィオラの音色に心地よく浸れました。オーディエンスがもっと多いと、もっとコンクールも盛り上がるかもしれません。といいつつ、この一次審査の結果、聴いた中では3人目の人のみ通過。素人審査は難しー。
 この後、火水に二次審査、金土に最終審査の予定で、二次審査まで入場無料のようです。
 今秋の公演が続々と発売になっていますね。まず注目は、ウィーン・フィルならぬ、ウィーン・ヴィルトゥオーゼン。4月のウィーン・フィルとその仲間たち

があまりにも楽しかったので(・・・この発売日は4月下旬で、「5/5までに払い込んでください」と当たり前にように言われたのですが、この日程ではもしGWに海外にでも行ってたら支払えないではありませんか・・・行かなかったけど。)。ウィーン・フィルの方の公演でソリストも務めるシュトイデもメンバー。10人前後の構成ながら、予定PGにモーツァルト交響曲#29やティルも入ってます。
 では、後編です。
続きを読む
 紀尾井ホールにて、はがき応募による演奏会の招待があります。
7月3日(金)ニューアーティスト・シリーズ 郷古廉(ヴァイオリン)
高校1年生だそうです。まさにニュー・アーティストですね。
7月15日(水)18時開式 新日鉄音楽賞 贈呈式・受賞記念コンサート
興味のある方はどうぞ。ちなみにstephは、まだ当たったことはありません。紀尾井ホールHP



 さて、ふだんのトピックは、やはりLive中心になっていますね。今回は、TV・DVDで見たオペラをまとめてアップします。
続きを読む
第1646回N響定期公演@NHKホール 2009.5.9(土) 指揮+ピアノ:オリ・ムストネン
ムストネン / 3つの神秘(2002) ベートーヴェン / ピアノ協奏曲 ニ長調(ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品61の作曲者自身による編曲)
シベリウス / 交響曲 第6番 ニ短調 作品104 シベリウス / 交響詩「フィンランディア」作品26

 知り合いの演奏するヴィオラ・ダ・ガンバを聴いたのがだいぶ前なので、今年のLFJで聴いてみようかと思ったのですが、ヴィオラ・ダ・ガンバが入った演奏会は少なかったようです。
 3日連続参加のSonnenfleckさんのピエルロ(Gam)他公演レポはこちら。熱狂の復習―5月5日(火)



 さて、グリーグのピアノ協奏曲のCDでは、強い打鍵(強打とはいってません。。。)による怒涛のような低音パートを気に入っているムストネン、お国もののシベリウスと自作曲の指揮に、ピアノまで弾いちゃうんですよー、それもベートーヴェンのviolin協奏曲の編曲ですよー。ということで、楽しみにして行った演奏会。当日の原宿は、P○fumeのLiveがあったらしく、ごった返していました。
 結果的にこの曲はvolin協奏曲の方が素敵だということを再認識しました。ピアノだとどうしても、弾いた瞬間から音が消えていきますから、高音や弱音の長い音で奏でる切なくも美しい旋律は、violinでなくては表現しきれません。カデンツァは異なるのでその辺の面白さはあります。また、ムストネンのピアノは予想どおり弾むようなアタックでした。
 シベリウスは、前夜の演奏に比べると、ぐっとくる度は高くなかった。同じ3階席でも、こちらのホールの方が遠いからか?最終楽章はティンパニが効いていて、北欧の風ような清々しい曲ですが、演奏頻度はあまり高くないらしく、押し寄せる旋律に身を浸したかったです。
東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団第228回定期演奏会@東京オペラシティ 2009.5.8(金)
矢崎彦太郎(Cond)、松山冴花(Vn) ヴァスクス:弦楽のためのカンタービレ
モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第4番ニ長調K.218 シベリウス:交響曲第1番ホ短調op.39

 二夜連続で、シベリウスなのですが、第一夜は、ヴァスクスから。この曲は変わってますねー、見た目も。中盤で、「各パートがある時間内で他の奏者とは無関係に音形を任意に繰り返してゆき、全体に混沌とした音響を生み出す「偶然性」の手法」がとられ、弓が全くばらばらに動く場面があります。確信と不安の間を漂う音楽。楽譜はどうなっているのだろう。
 モーツァルトは、松山冴花のviolinに期待していましたが、期待以上にというわけではなかったけれど(冒頭、あれ?と少し思ったのは自分だけ?)、明るく朗らかに歌っていました。
 シベリウスがこの日のハイライト。第一楽章から、コントラバスが、低音の響きが良く味わっているうちに、通奏にとどまらず和声を作って進行もするし、ピツィカートもあるし、忙しいのにそろっていて、首の縦振りまで合っているではありませんか。第一楽章で響きをコントロール気味なハープや、第3楽章のティンパニの強打も注意を引くのですが、もう第3楽章まで、コントラバスに釘付け。ところが!第4楽章のあのvilonパートで、ようやくここで一気に歌いまくったという感じのviolinが、あまりに麗しくて、思わず涙腺ゆるみそうでした。violinにもってかれた感もありますが、音量の大きさや音の濁りも、幻想的といえば幻想的だったかなという気もしました。
ラ・フォル・ジュルネ「熱狂の日」音楽祭2009@東京国際フォーラム
J.S.バッハ:管弦楽組曲 第3番 ニ長調 BWV1068
ヴィヴァルディ:4つのヴァイオリンのための協奏曲 ロ短調 作品3-10
J.S.バッハ:4台のピアノのための協奏曲 イ短調 BWV1065
ファニー・クラマジラン(ヴァイオリン) 南紫音(ヴァイオリン) ネマニャ・ラドゥロヴィチ(ヴァイオリン) パヴェル・シュポルツル(ヴァイオリン) リディヤ・ビジャーク(ピアノ) サンヤ・ビジャーク(ピアノ) クレール・デゼール(ピアノ) アンヌ・ケフェレック(ピアノ) シンフォニア・ヴァルソヴィア ジャン=ジャック・カントロフ(指揮)

 PGに記載がなかったものの、1曲目のネマニャはヴィヴァルディの四季「春」!席は2Fの最後列でしたが、それでも、しかもアンサンブルでもネマニャのviolinはよく聴こえるのですね。はつらつとした春でした。2曲目は、G線上のアリアを含む管弦楽組曲、心地よくて、少しうとうとしました。ここ2日くらい、寝る前に開いた本が面白すぎて、寝つけなかったこともあり。本のタイトルは、クラシック音楽鑑賞記にあまりふさわしくないと思われるので、伏せときます。ジャンルは、国際政治です(あ~、ゆってしまったー。。。)。ホールAですから、なんか遠くで鳴ってる感じも。とくにソリストがいなくなると。3曲目、ソリストは女性二人男性二人でしたが、シュポルツルともう一人は誰だったのでしょう。これもソリストの音は、よく聴こえました。出るとこは出て、アンサンブルも美しい。4曲目、オケの前に並んだ4台ピアノ壮観でした。ケフェレックのピアノを単独で聴いてみたい。華やかなラストまでよく合って見事でした。1時間で4曲、出演者も多くてちょっとオールスター的雰囲気の演奏会でした。
 stephの今年のLFJはこの1公演のみだったので、LFJとは別に6月に平均律を聴きに行くことにしました。
 5/10追記:来年のテーマは生誕200年のショパン。LFJ公式レポート

高木和弘(vn) J.S.バッハ/アンダンテ (無伴奏バイオリンソナタ第2番より)
シューベルト=エルンスト/魔王 J.S.バッハ/シャコンヌ (無伴奏パルティータ第2番より)

 My Favorite Violinist の言葉を借りれば「I Love Bach」なBachがテーマの今年のラ・フォル・ジュルネ、これは、はしごかと思いきや、なんと行く予定は1公演のみ!諸事情(先行発売の3日ほど前にしかPGが発表にならなかったとか、平日にそれらのチェックができるわけがないとか、訳の分からん手数料がかかる仕組みだったとか)により、チケットをとりそびれ、(Loveとゆっておきながら)まあいっかと。
 この日は丸の内周辺コンサートで東響のコンマスを務める高木氏のviolinが聴いてみたかったので、出かけてみることにしました。
 本人いわく、Bachへの思い入れも強いようで、シャコンヌは「僕の中ではこれを超えるものはない」らしい。Bachのこの2曲は、stephもたいへん好みますが、演奏家にも好まれるのでしょうか。ちなみに、魔王は、限界まで技術を駆使した曲、みたいな紹介。会場はtokia1F通路、人だかりで視界はあまりなし。技術はいうまでもありませんが、真摯なBachが伝わってきてよかったです。シャコンヌはある意味大曲ですが、平坦なBachではなく、ストーリーみたいなものを感じさせる辺り、そこがやはりオケの人なのかなと思いもし、ソリストでもあるな、とも。聴きにいって収穫。
 ほかに、丸ビル1Fでブランデンブルク協奏曲全曲演奏会を3回に分けてやっていて、1~2曲聴きました。会場は吹き抜けで少し響きすぎる感じがあるのと、スピーカーを使っているのとが、ちょっと惜しかった。とにかくどこも椅子が少なすぎて、立ち続けながら聴くのが正直辛くて、全然老体ではなくても、ゆっくり座って聴きたいという思いを新たにしました。
直前スペシャル! ラ・フォル・ジュルネ・ジャポン2009 ①

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。