にほんブログ村 クラシックブログへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中央区交響楽団 2009 冬のコンサート@第一生命ホール
石毛保彦(Cond)、向山佳絵子(Vc)
ベートーヴェン:バレエ音楽「プロメテウスの創造物」 Op.43 序曲
ドヴォルジャーク:チェロ協奏曲 ロ短調 Op.104,B.191
ブラームス:交響曲第3番 ヘ長調 Op.90

 寒気の中、勝どきへ行って来ました。本日初めて訪れたホールは、トリトンスクエア内にある800人程度の少し小さめのホールで、よい雰囲気。段差があまりないので、視界は2階の方が良さそう。
 予想どおり音響は良く、チェロの深い音がよく聴こえたけれど、プロだと思うからか、ドヴォコンってもっとパッションのある曲だったのではないかな~と思ってしまった。素直に聴く気持ちが大事♪ブラームスは、よくまとめていましたが、アマチュアオケのときはたいてい思うけど口にしないようにしているけど今回は(小声で)ホルンや木管、ファイト。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。