にほんブログ村 クラシックブログへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
上岡敏之指揮、読売日本交響楽団第478回定期演奏会@サントリーホール
マーラー:交響曲第10番からアダージョ 嬰ヘ長調
モーツァルト:ピアノ協奏曲第23番 イ長調 K488 フランク・ブラレイ(Pf)
ヨーゼフ・シュトラウス:ワルツ「隠された引力」(デュナミーデン)
R.シュトラウス:オペラ『ばらの騎士』 組曲

 新年にモーツァルトとばらの騎士のプログラムはなかなかよいのでは、との選択です。上岡さんは、TVでラフマニノフのピアノ協奏曲第3番を情感豊かに弾いているのを見た。そのときの指揮は阪哲朗。
 最初の曲は、マーラーからだったのか、と当日認識。。。ヴィオラから始まる、なんともいえない寂しい感じ、不協和音と美しい和音が出現するこの曲を、立体的に演出。この後は、気を取り直してというのか明るい曲が続く。モーツァルトは、室内楽のように調和がとれ、無重力感ただようような軽くやさしいピアノ(イメージとしては、ふわふわまおまお。。。)。第3楽章が速く、とっても楽しいと思っているピッツィカートの部分が、あっという間に過ぎてしまった。ヨーゼフ・シュトラウスは、短い曲ですが、これもとにかく楽しい。第何小節目かなんて分からないけど、アクセントつけるところのちょっとした「間」が聴き手の笑みを誘う。R.シュトラウス、期待どおりいい!盛り上がるだけでなく緩急もついて、ほんとに踊りだしそう。はねて、飛び回ってました(もちろん音楽が。指揮者が飛び回ったわけではありません)。指揮は自由で、闊達で、でもきれいな形を成して音は動き続けている。。。新体操のリボンのイメージ??上岡指揮のオペラもききたくなりましたが、やはり色(衣装)なし、動きなし、歌劇なしの音だけでこれだけきかせるのですから、音楽ってすばらしいですね。
 追記:TV収録のカメラが入っていました。放送は4/7だったと思います。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。