にほんブログ村 クラシックブログへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
デーヴィット・ジンマン指揮(N響初登場)N響定期@NHKホール
ショスタコーヴィチ:ヴァイオリン協奏曲第1番イ短調作品77 リサ・バティアシュヴィリ(vl)
シューベルト:交響曲第8番ハ長調D.944「ザ・グレイト」

 ホール系の会場は、音響に不安があり、あまり行っていなかったものの、思い切って今年初のコンサートで実行。
 2007年ベルリン・フィル・コンサートで、トルルス・モルク(チェロ)とブラームスのダブルコンチェルトを共演したのをTVで見て以来、きっといいだろうと思っていたバティアシュヴィリ。予想以上によかった。最弱音がよく通りますねえ~~。3Fの遠い席でしたが、ぐっと引き込まれました。完璧に近かったのではないでしょうか。第4楽章の速めのテンポにも、よく合っていました。それに、オケも、第2楽章の終わりなんかもぴたり。重々しさ重視ではなかったけど、見事でした。
 グレイトは、昨年聴こう聴こうと思っていて、今年年初にやっとその機会が巡ってきました。全体にわたって美しい旋律が続く交響曲で、自分にとっては好きな旋律ばかりでできた曲(天国的!)。第1楽章で途中テンポを上げていくところなど、第3楽章まで理想的。第4楽章も速めで、フィナーレにより一層の疾走感があればさらによかった(丸太を渡りながら「おっとっと~」みたいな滑りそうな感じ(?))。この日のオーボエ、先発は茂木さんだったか分かりませんが、上手かった~。この日のN響は、聴衆をわしづかみでした。
 華麗なブラームスのダブルコンチェルトは、1/18クラシック館で再放送予定。バティアシュヴィリを見るとソフィー・マルソーを思い起こすんですが、ちょっとほめすぎでしょーか。もう一児の母なんですよね。 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。