にほんブログ村 クラシックブログへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
紅白見ながら、毎月月末恒例のBS Classic Navigationチェック。ジルヴェスター・コンサート、ニュー・イヤー・コンサートのほか、とりあえず、今後の録画予定から。
1/4 BS-Hi 歌劇「ばらの騎士」 ( R.シュトラウス ) 指揮:カルロス・クライバー
1/5 BS-Hi フランク・ブラレイ ピアノ・リサイタル ★
1/7 BS-Hi ミシェル・ダルベルト ピアノ・リサイタル
1/16 BS2 第1635回 N響定期公演 指揮:シャルル・デュトワ
1/26 BS2 ヴェルビエ音楽祭 ~2007~ ピアノ:マルタ・アルゲリッチ、ネルソン・フレーレ、バイオリン:ルー・カプソン
1/28 BS2 カプソン兄弟 & 児玉桃 (ピアノ三重奏)
2/2 BS2 ヴェルビエ音楽祭 ~2007~ルノー・カプソン & エレナ・バシキーロワ
2/6 BS-Hi マニャ・ラドゥロヴィッチ バイオリン・リサイタル ★
  第1637回 N響定期公演 バイオリン:リサ・バティアシュヴィリ 指揮:デーヴィッド・ジンマン ★
2/14 BS-Hi フランツ・ウェルザー・メスト指揮 クリーブランド管弦楽団 演奏会
2/20 第1639回 N響定期公演 指揮: ドミートリ・キタエンコ
2/23 BS2 ヴェルビエ音楽祭 ~2007~エフゲーニ・キーシン ピアノ・リサイタル
★Liveで聴いた(聴く)もの
スポンサーサイト
 今年もたくさんの恒常的残業の日々を送りました、じゃなくって、それにもかかわらず今年はたくさんのクラシックコンサートに足を運ぶことができました。
 今年のベストコンサートは。。。(無料公演は除きます。)
1位 クリスチャン・ヤルヴィ指揮、ウィーン・トーンキュンストラー管&上原彩子(p)
 ベートヴェン:交響曲第5番「運命」、グリーグ:ピアノ協奏曲、ドボルジャーク:交響曲第9番「新世界より」。美しくくっきりとした旋律が重なる第5番、あえて合わせるよりも勢いを重視した感じの第9番、とっても楽しかった。演奏中、この言葉を思い出しました。「楽しかったら、踊り出してもいいんだよ。」byスティーブン・イッサーリス(チェリスト)著『もし大作曲家と友だちになれたら...』。
 10/8ヤルヴィ弟@東京オペラシティ


2位 マリス・ヤンソンス指揮ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団@サントリーホール
 ドヴォルジャーク:交響曲第8番、メンデルスゾーン:交響曲第4番「イタリア」、ラヴェル:ラ・ヴァルス。今年のハイライトです。
 11/10 コンセルトヘボウ~今年のハイライト


3位 ジェラール・コセ(va)&フランク・ブラレイ(p)~ラ・フォル・ジュルネ
 ウェーバー:アンダンテとハンガリー風ロンド、シューベルト:アルペッジョーネ・ソナタ イ短調 D.821、同/リスト/ドリヨン:「白鳥の歌」D.957より。とにかく、忘れ難いセレナード。
 5/2 ジェラール・コセ(va)&フランク・ブラレイ(p)~2008年前半⑥


 一応順位をつけましたが、実は順不同です。ほかに、ハーデリッヒのパガニーニのviolinコンチェルト第1番や、都響のブルックナー第6番、violinリサイタルはどれも素晴らしかったです。来年は、どんな音楽が体験できるのか、楽しみです。
フランク・ブラレイ ピアノ・ラサイタル@東京文化会館小ホール
シューベルト:3つの即興曲 op.142-1, op.90-3, op.142-4
ベートーヴェン:ピアノソナタ第31番 変イ長調 op.110
ドビュッシー:前奏曲集 第1巻より 第10曲「沈める寺」 第9曲「さえぎられたセレナード」 第8曲「亜麻色の髪の乙女」 第2巻より 第3曲「ビーノの門」 第11曲「交替する3度」 第2曲「枯葉」 第6曲「変わり者のラヴィーヌ将軍」
ガーシュイン:ラプソディー・イン・ブルー

 この記事を上げておかなくては。シューベルト、ベートーヴェンのピアノ・ソナタ第31番ときて、ドビュッシーにガーシュイン、全PGにわたって好きな曲を持ってきたのかと思われるような構成。今回のメインかと思われるドビュッシーは、さまざまな情景が目に浮かぶような、上品で美しいドビュッシー。音の響き方、細部、終わり方にもこだわり、煌きを放つようなタッチ。インタビューでは、今後のレパートリーとしてショパン、シューマン、リストを挙げていた。あまり弾いてこなかったのは、好きでない訳ではなかったのか。。。
 この日の客層は、若干の偏りが見られたように思った。ふだんのオケの演奏会のような幅広く多くの方にぜひ聴いていただきたいと思った。みなさん!奏者の外見にとらわれずコンサートを選びましょう!(?) かくいうstephも、ルックスがよいと見かけ倒しかと疑ってしまう方ですが。
マーク・ストリンガー指揮、都響&オーギュスタン・デュメイ
ベートヴェン:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調
ブルックナー:交響曲第6番 イ長調(ハース版)

 これでようやく年内に今年前半のコンサート振り返りが終了。
 ベトベンのviolin協奏曲に、デュメイのviolinということで行くのを即決。グリュミオーの系譜に連なるデュメイのviolinは。。。やはり美音だった~。そのデュメイでも、第3楽章はけっこう激しいんですね、もとい勢いがあった。第1楽章のviolinとオケの対話をとっても楽しみにしていたものの、オケの方が音も小さく、主張も小さく、ちょっとソリストに遠慮してましたかね?P席だったから管の音が直進して聴こえにくい部分もあったのでしょうか。violinもデュメイの長身(2m?)に隠れがちでしたけど。
 前半よりかなり音量も上がったブルックナーの第6番、手に力を込めて放つ、みたいな指揮者ストリンガーさんの左手から放たれる音楽は、勇壮かつ壮麗。名づけてドラゴンボール的指揮姿(?)。この曲はCDできいていたよりもLiveの方が何倍もよかった!第2、第3楽章の重厚さに比べると第4楽章がちょっと軽い、というのも感じるけど、楽章の最後の和音が、えもいわれぬほどの美しさ。この、ぐわわん、みたいな音が、オルガニストブルックナーらしさを表しているのでしょうか。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。