にほんブログ村 クラシックブログへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第21回関東医科学生オーケストラフェスティバル@杉並公会堂
ワグナー:歌劇「リエンツィ」序曲
ビゼー:「アルルの女」第1組曲・第2組曲より抜粋
チャイコフスキー:交響曲第6番「悲愴」
encore シベリウス:「カレリア」組曲(?)

 音響がいいっ(そこ?)。ほぼ満員も、後方右通路横の席。今年はチャイコフスキーを聴くことが多いのなんの。この日は突進してました。アマチュアでよく見られる弱点?という感じのスローパートも美しかった。PG中、印象に残ったこの曲に関する自身のコメント「この交響曲を、これまでの私の全ての作品の中の最高のものとみなしている。また、もしそうでないとしても、それは私の最も真剣な創作の一つとなるだろう。これまで、自分の楽譜は何一つ好きにはなれなかったが、この曲だけは愛している。」チャイコ、自分の楽譜好きになれなかったんだ、向上心の塊なのか、自信過少なのか、いったいどっちなんだ。。。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。