にほんブログ村 クラシックブログへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新宿交響楽団第36回定演、長田指揮@練馬文化センター
ショスタコーヴィチ:祝典序曲 op.96
ブラームス:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 op.77 高畠(vl)
encore バッハ:「アリオーソ」
レスピーギ:交響詩「ローマの松」
encore マーラー:交響曲第5番アダージェット、交響詩「ローマの松」から

 だいぶ客席が埋まっており、やっと2F3列目の席に。本日の演奏は、アンコール1曲目のアダージェットがいちばんよかった。曲がよいからなおさらそう思えるのかも。
 その後、録画していたNHK音楽祭のジュリアン・ラクリン&ヤンソンス&コンセルトヘボウ管のブラームスを聴いてしまい、Liveの感想が書きづらくなったことは事実です。。。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。