にほんブログ村 クラシックブログへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コレギウム・ヴォカーレによる男声合唱&フランク・ブラレイ(p)
ラ・フォル・ジュルネ@東京国際フォーラムホールB5
シューベルト:
「つらい悲しみは過ぎ去り」D53「若々しい五月の生気」D61「はるかなる人」D331
3つのピアノ曲より変ホ長調D946-2「墓と月」D893「精霊の踊り」D494「墓」(第2作)D330即興曲変ト長調作品90-3 D899-3「安らい、地上の最も美しい幸せ」D657「盗賊の歌」D435「夜」作品17-4 D983c「矛盾」作品105-1 D865

 シューベルトは歌曲も聴いておきたいと思い、チョイス。男声メンバーは10名ちょっといたでしょうか。渋いですが、思いのほか男声合唱は美しかった!ヘレヴェッヘが創設してるんですね。
 語学力があって歌詞の意味が歌ってる瞬間に分かるともっとよいのですが(願望)。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。