にほんブログ村 クラシックブログへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
順天堂交響楽団第28回定演
白谷指揮@文京シビックホール
ワーグナー:ニュルンベルクのマイスタージンガー 第1幕への前奏曲
チャイコフスキー:バレエ音楽「くるみ割り人形」より抜粋
ベートーヴェン:交響曲第5番「運命」

 入場の列がとぐろを巻いてたのでちょっとびっくり。1F後方の席。ここの音響がよいのか、席がよいのか、いえ演奏がよかったのでしょう。チャイコから、ハーモニーも美しく、迫力もあり、すごく鳴ってたような気がしました。それにしても、くるみ割り人形は、演目でよく見かけるような。
 最後の団長さんのあいさつで、練習などでこれまでやってきたことを、一音一音にこめました、と言っていたのが、印象的でした。やっぱオケっていいよな(by千秋せんぱい)。病院などでも演奏してるんですね。
 アンコールの選曲もいかしてた。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。