にほんブログ村 クラシックブログへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小泉指揮、九州響&矢野玲子(vl)@すみだトリフォニーホール
≪オール・チャイコフスキー・プログラム≫
 歌劇≪エフゲニー・オネーギン≫より“ポロネーズ”
 ヴァイオリン協奏曲 ニ長調
 交響曲第4番 ヘ短調
encore
たぶん、ワルツ

 チャイコのvl協奏曲が聴きたくて行くことにした演奏会。この曲は大好きな曲なので期待しつつも、演奏に個性が出ると思うので、好みでなかったらどうしようという気持ちももつんですよね。矢野さん、なかなか情感をこめてよかったです。
 オール・チャイコということで、華麗に、アンコールもすごい迫力でワルツしてたような。
 おまけ:第4番では、フィギュアスケートの織田選手の2年前のフリーを思い出します。キャンベルのノーミスはすごかった。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。