にほんブログ村 クラシックブログへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ふだんTVはほとんど見ない(見れない)ので、録画して見ることが多いのですが、珍しく(!)クラシック音楽以外の番組、4月に放送された『プロフェッショナル 仕事の流儀』の血管外科医大木隆生氏の回を見ました。
 びっくりしました。理由その1:週1回の診療日(あとは手術の日でおよそ800件/年)は、朝6:40出勤、終わったのは午前4時、その間休憩なし食事なしの働きぶり(ご自愛くださいの世界です)。
 その2:使命感で仕事をする。氏いわく、「プロフェッショナルとは、経済的動機付けではなく、使命感ややりがいを原動力とし、ことに当たる。それでいて自己の利害、ときには命もかえりみない、いわば、アマチュアリズムの極致が、プロフェッショナルではないでしょうか。」。
 生活のために仕事をしている人が大多数であって、人に喜ばれたいから仕事をやっているというのはまれだと思うのですよ。それを実現しているのがすごい。実際アメリカで活躍していて日本の母校の病院に呼び戻され、年収は10分の1以下になったらしい。やりがいという意味では、音楽家の人たちにも、この種の憧れみたいなものを感じることもきらきらおんぷ。「100回生まれ変わっても、100回医師を選びます。」という、信念の人ですね。番組HP



 さて(さてが最近多い)、先日、涙もろくなってきたという話をしたのですが、何の先入観もなくふと聴いてほろっときそうだったのが、フリードリヒ・グルダのCD『グルダ・プレイズ・シューベルト』。
 シューベルトは同郷の作曲家故に弾くのを控えてきたらしいグルダが、他界する前年に残したさりげなく飾らない演奏であり、自宅で自分のために演奏したプライベート録音。ライナーも、シューベルトのピアノ曲&演奏も、グルダのアリアも泣ける。
 以下、ライナーから抜粋します。
続きを読む
スポンサーサイト
 図書館を利用してクラシック音楽のCDを聴くと、気軽に借りて、当たり☆のものもあります。
 最近聴いて、びっくりしたCDは、Marc-Andre Hamelinの『アムラン・プレイズ・リスト』。
 ゲキうま!ではありませんか?この方。このテクにして、この詩情。美しさは正確さから、と常々思っていますが。。。パーツだけとるとまるで自動演奏かのような精緻さ、でも曲の音楽性はふんだんに。リストのオペラパラフレーズ(歌劇「ノルマ」の回想)など、ヘビロテで聴いてしまいそう。今度いつ来日するのだろう(気が早い)?図書館にあまり入荷されていないのは、近現代曲のレパートリーが多いからかも。
 これまで絵もジャケ写も画像もないブログでしたが、Youtubeに少しあったので貼っておきます。演奏姿も、なんというか静かで、ポロンポロンとハープでも奏でているかのよう。






聴いたCD(1991年収録)は見当たらず、こちらは1997年のもの。
Mark-Andre Hamelin plays LisztMark-Andre Hamelin plays Liszt
(1997/01/10)
不明

商品詳細を見る
 トラバテーマを使ってみます。初めて買ってもらったCD(この方が印象にあるので)は、カラヤンのベートーヴェン交響曲第5番&第6番です。
 これは、コンポ購入の記念に、試しに聴いてみようみたいな感じで、親が買ってくれたのですね。
 子ども心に、第5番は、導入部分よりも、最終楽章の歓喜の歌が、なんていい曲なのだろう、と感心したことを覚えています。
 それ以来、第5番は他の曲とは違ったものがあります。

第605回「初めて買ったCDは何ですか?」

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。