にほんブログ村 クラシックブログへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリストフ・エッシェンバッハ指揮ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団2011.10.13(木)
シューマン:交響曲第2番 ハ長調 op.61
J.シュトラウスⅡ:ワルツ『皇帝円舞曲』 op.437
encore J.シュトラウスⅡ:ワルツ『美しく青きドナウ』、ポルカ『雷鳴と稲妻』

 ウィーン・フィルが来日していて、サントリーホール前のカラヤン広場で初日公演の後半のライブビューイングをやるということで、行って来ました。
 整理券を17:00から配布でしたが、17:00?何のこと?という時間帯なので、当然行く気はなく、軽く残業しても、スタートは20:00からなので、少し前に行って席が空いていたら座れるかな、程度の気持ちで向かいました。
 会場入り口に、整理券を受け取る係りの人がいたのできいてみたら、席が空いているのでどうぞ、ということで入場。前半にアンコールがあったとのことで、少し時間がおしていたみたい。前半のソリストは・・・ラン2か。
 スクリーンは少し高い位置でしたので、わりと視界はとれました。音量は大きめでしたが、屋外のためか、始終ゴーッという音がしていて、流石に厳しいものがあり、やっぱり国際フォーラム(屋内)でのライブビューイングより不利ですね。生音に勝るものはないから、雰囲気を楽しむってものでしょうか。すぐそこのホールで演奏していると分かっていても、臨場感もあまりなし。変わったPGだなとか、映像を見て、指揮姿の見栄えがあんまりよくなくても、ウィーンフィルの指揮台に立てるんだ、とか不謹慎なことを考えてみたり。でも、ウィーン・フィルの健在な感じは伝わってきました。とくにシューマンの第2楽章の弦は元気でしたね。
スポンサーサイト
ストラディヴァリウス&N響 チャリティコンサート@サントリーホール 2011.8.31
J.S.バッハ: 2つのヴァイオリンのための協奏曲 ニ短調 BWV1043 セルゲイ・ハチャトリアン、ヴェロニカ・エーベルレ(Vn) メンデルスゾーン: ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 op.64 ヴェロニカ・エーベルレ(Vn) 弦楽八重奏曲 変ホ長調 op.20から「スケルツォ」(管弦楽版) ブラームス: ヴァイオリンとチェロのための二重協奏曲 イ短調 op.102 セルゲイ・ハチャトリアン(Vn) 藤森亮一(Vc) 指揮:梅田俊明

 ハギンス貸与の頃、S・ハチャトリアンがなかなか来日しないので、呼んでくれないかとつぶやいたら、実現してしまった、というわけではないですが、財団がチャリティ公演で呼んでくれました。今貸与を受けているのは、ロード・ニューランズ、ヴェロニカさんはドラゴネッティ、藤森さんはフォイアマンです。
 さて、バッハは、第1楽章で主題を弾いていたのがヴェロニカさんだったと思うのですが、すごく通る透明な音ですっきりとした存在感が合奏の中で光っていました。S・ハチャトリアンは、少し低めの旋律をかけ合わせて応えていて、合奏に徹している感じでしたが、控えめのヴィブラートでバッハへの志向がよく表れているような気がしました。S・ハチャトリアンの音は、あまりにクリーンに音を奏でるせいか、時々笛の音のように聴こえるんですよね。
 メンデルスゾーンは、バッハのときから予感していたとおり、けっこう力強く透徹された音と鋭い演奏で、好みの演奏でした。でも、同行の連れにとってはテンポが速くて好みでなかったようで、意見が分かれてしまいました。
 ブラームスのダブルコンチェルトは・・・なんて華麗な曲だろう。指揮はちょっと地味だったんですが、チェロの渋い音もさることながら、S・ハチャトリアンの美しくありながらも少し枯れたような、覇気のある歌い回しに酔いましたね。バッハとも全く違い、去年、アラム・ハチャトリアンのコンチェルトを聴いたときのようにひたすら澄んだ美しい音(CDはまた違うんだけど)でというわけではなく、いかにもブラームスの印象でした。第3楽章の追い込みは素晴らしく、これ、自分の中でスタンダードになってしまいそう。来年1月のベートーヴェンは、やはり繊細な演奏になるのかな?
 余談ですが、この二人のソリスト、オケのパートを目をつむって聴いている姿は、とぼとぼ感が抜群でした。なんだか、「釣れないね~。」「・・・・・・」みたいな声がきこえてきそうでしたよ(妄想)。
 今夜は、BSで、バイロイト音楽祭のLive中継がありますね。寝てしまうと思いますが、ローエングリンですね~。
 先日、東京国際フォーラムでの、C・アバド指揮ルツェルン祝祭管弦楽団の東日本のためのチャリティ公演のライブビューイングに行ってきました。マーラーの交響曲第10番からアダージョ。まさに音の競演でした。いつもTVで見る顔ぶれがそこにはありました。相変わらず、このオケの木管セクションは存在感ありますね。前置きのスピーチがいささか長過ぎたけど、現地からのLive中継の音も良くて、演奏もとても良かったです。被災地を訪れる予定という移動式コンサートホールというのも、ぜひ実現していただきたい。
 ちなみに、翌日は、職場の交流として、サッカー日本代表戦のパブリックビューイングでした。こちらも、すごくいい試合だったので、かなり楽しめました。日本の10番は、これまでの日本代表にあまりいなかったような動きをしますよね。元(現)セレッソ大阪の選手がけっこういるようですが、余程選手を見る目があるのでしょうか。
ミュージカル『バラの国の王子』~ボーモン夫人作「美女と野獣より」~ グラン・ファンタジー『ONE』@東京宝塚劇場月組公演2011.5

 ちょっとしたご縁で、帝国ホテルの向いにある宝塚劇場に初めて行って来ました。以前Liveで見たのは、子どものときの家族行楽で、宝塚市の歌劇場でしたので、随分久しぶりでした。
 そういえばピットもあって、楽器が入っていて、指揮者もいるのですよね。バルコニーなどは無く、座席は全て正面向き、2階後方のB席だとステージ上部が若干視界に入らないみたいだけど、立派な劇場です。
 マイクが付いているので、聴こえ方はオペラと違うのですが、女声のコーラスもよいものです。歌唱法もオペラと違って、声色の種類はあまりなく、音域も広くなく、アルトからメゾくらいを聴いている感じですが、トップスターの霧矢さんの声などさすがに響きが豊かでした。ストーリーは、ちょっと突飛だけど、夢見るようなストーリー仕立てにしてるみたい。子どもの頃は、男役に目が行っていましたが、今回は、娘役がくるくるターンしながら歌って華麗だな~、と見とれました。
 グラン・ファンタジーは、歌とダンス中心で、訓練の賜物!というか、ぴたっと揃って小気味よく壮観でした。使用曲は、チャイコフスキーのピアノコンチェルトや、ベートーヴェンの交響曲第7番第2楽章(最近これ多いような)などの編曲を交えていました。
 後日、虎役の明日海さんが人気だとききましたが、この方、stephの地元の中学の出身みたいです。中高一貫校だけど、中3で他校を受験(宝塚に合格)、というのは、さぞかし話題になっただろうなと思いました。 
アレクサンダー・ガヴリリュク ピアノ・リサイタル@所沢市民文化センター ミューズ 2011.6.12
ベートーヴェン: ピアノ・ソナタ第14番「月光」 ショパン:幻想即興曲op.66 2つの夜想曲op.48 スケルツォ第1番op.20 ラフマニノフ:楽興の時op.16 プロコフィエフ:ピアノ・ソナタ第7番op.83「戦争ソナタ」 encore;スカルラッティのソナタ、ホロヴィッツ編曲のメンデルスゾーンの結婚行進曲、ショパンのエチュード

 最近コンサートには行ってない・・・わけがないのですが、また更新が滞りがちです。
 6月はMET来日中ですが、悲しいことに料金が高すぎて手が出ず・・・どうせならN.Yで観たい!なーんて。
 さて、ガブリリュクのピアノ・リサイタルに行ったのは、約2年ぶり、2回目。アンコールに、またあの曲が聴けて、今回も期待を上回る満足感だったのですが、とにかく時間がないのでさらっと感想を。
 最近、音にどうも体が反応してしまって、美しい音楽を聴くと勝手に涙腺が緩んでしまうことが時々あって、その反応がでてしまったのは、1曲目のベートーヴェンと、2曲目のショパン。このホールはちょっとだけ響き過ぎるかなという気もするのですが、そのせいか月光でも少し温かみのある音に聴こえました。第3楽章では左手がかなり力強く、その対比で右手の旋律がとても美しく聴こえる。幻想即興曲も、打鍵が確かなためか、オーソドックスにいい。スケルツォ第1番は、改めてほんとに大変な曲だなと思ったけど、整頓されているかのように弾かれると分かり易い気もする。ラストの戦争ソナタは、誰にも止められないような鬼気迫るような迫力で終演。ロシアものが得意なのかなという気もしていたけど、なんか似つかわしくないと思っていたショパンが意外なほどしっくりきて面白かった。ピアノは老練な印象さえあるけど、サイン会では、笑顔が人なつこい感じで、雰囲気違いますね。 
ゲルト・アルブレヒト指揮読売日本交響楽団名曲シリーズ@サントリーホール2011.2.18(金)
ブラームス:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 op.77 神尾真由子(Vn) encore パガニーニ:「24のカプリース」から第24番交響曲第2番 ニ長調 op.73

 いろいろあってupしてませんでしたが、2月に行ったコンサートの記事です。
 ブラームスのviolinコンチェルトは、そういえば、3人のソリストを聴き比べたことがあった。恐るべき完成度だったツィンマーマンに、強烈に個性的だったテツラフ。。。
 この日の演奏は、まず、冒頭から指揮者のテンポが速く、オケが棒についていけてなかった(!)揃っていないせいか、音が拡張しているようにさえ聴こえてしまった。なぜなんだ~、もっと素直に音楽を受け止めたいのに。ソロも、若干勢いが良過ぎて、バサバサとした感じがブラームスにそぐわないように感じてしまった。全体として少し雑に聴こえてしまい、功を奏しているとは思えなかった。
 ソリストに関しては、実は皆勤賞なのでは?というくらい演奏会にもよく足を運んでいて、実際質の良いものを聴かせてくれるのだけど、う~ん、今回は残念。こうなってくると、この曲は少し年配の人の演奏の方が味があっていいのかもと思えてしまう。第2番も少し速くて、似たような印象だった。もう少し弦の分厚い響きが美しくあってほしい。しかも曲との相性なのか、Liveでけっこう聴いているのに、この曲に心から感動したことがない。どうしてなんだろ~??
チョン・ミョンフン指揮NHK交響楽団定期演奏会@NHKホール 2011.2.11(金)
マーラー: 交響曲 第3番 ニ短調 アルト:藤村実穂子 女声合唱:新国立劇場合唱団 児童合唱:東京少年少女合唱隊

 外は雪。今回のソリストの藤村さんも初めて聴くし、先週の幻想があまりにもよかったため、Go。行って正解でした。
 この曲の第1楽章は、単純にかっこいいな~といつも思う。ぜいたくを言えば金管と木管のシンフォニーをもっと求めたいところもあったが、生命のない自然の中に生命が息づく、まさにそんな演奏に、最後はおいおい泣いてしまいたくなるような印象。その後の楽章でアルトが入るが、とても澄んだ声で切々と歌い上げるさまはこの曲にぴったり。一番高いキーが最もきれいな声に感じた。アルトに合唱も入り、弦もマーラーらしく感傷的で、大曲ながら全体としてもすばらしくまとまっていた。こんな第3番なら、長いけど、またLiveで聴きたい。
 チケット代に言及すると、自由席で1,500円なのだが、よく宣伝されているラ・フォル・ジュルネ音楽祭に負けないくらい、とってもお得だと思う。LFJはお祭り的な楽しみがあってそれもよいのだけど、自分なら断然こちらを選ぶ。
チョン・ミョンフン指揮NHK交響楽団@NHKホール 2011.2.5(土)
ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲 ジュリアン・ラクリン(vl) ベルリオーズ:幻想交響曲

 この顔ぶれ、この曲目、けっこうお客さん入ってた(よね?)。前半のベートーヴェン、やはり予想通り、ラクリンのソロはひとつひとつの旋律を全く同じようには弾かないという丹念なもの。オケを見ながら、息を合わせながらロマンティックに弾く。それでもやはり、この長大かつ繰り返しの多い第1楽章をいかに弾くかというのは、難しそうだなあ。そして、オケは伴奏だけに終始せず、全体を通して短調に変わる場面での語り口や、第2楽章の冒頭など、わわわわと思うほど情感豊か。どちらかというと弦がモノトーンな印象だったのに、いつも聴いてたオケと違う。
 これは期待できるぞと思って聴いた後半ですが、これはですね~。感動した!!
 一言で言ってしまうと簡単なのですが、まず弦の低音はバリバリといった音色で、陰鬱な感じがこの曲にふさわしい。そしてまた短調に変わるときの弦を中心とした旋律が、情感たっぷりで、物寂しい、悲しい気分にさせられた。チェロの硬い音も納得。美しい演奏なんだけど、美しいだけの音だと曲と合わないように感じてしまったNYフィルの演奏とは、全く違っていました。オーケストレーションが巧みな曲というのもありますが、各パートがひとつの旋律に合わさって、やりたいことが明確で、コントロールも効いて、ほぼ隙がない。第一楽章、最終楽章の終わりは、涙がにじむ程。
 指揮者の高名な世の評判はさておいて、体験という意味では、初めて聴いた指揮者でしたが、なんという才能!あの第一楽章のすばらしさといったら・・・!
マルタ・アルゲリッチ セレブレーションズ 2010@すみだトリフォニーホール 12/1(水)
マルタ・アルゲリッチ[ピアノ] クリスティアン・アルミンク[指揮]新日本フィルハーモニー交響楽団
シューマン/ピアノ協奏曲第1番 イ短調 ラヴェル/道化師の朝の歌 ピアノ協奏曲 ト長調
encore ラヴェル/ピアノ協奏曲 ト長調より第3楽章 シューマン/子供の情景より“見知らぬ国” シューマン/幻想小曲集より“夢のもつれ”

 アルゲリッチのCDは、ひょっとすると、今まで聴いたピアノのCDで、いちばん聴いているかもしれません。リリースの数も多いし。でもLiveは聴いたことありませんでした。今回、最初で最後かもと思い、行くことにしました。
 シューマンのコンチェルトは、映像もCDもお気に入りのひとつです。Liveはこれまで聴いてきたように、自由奔放でデリケートでダイナミック。CDと最も違うなと思ったのは、楽章のフィナーレへ入るところの盛り上げ方。オケも一体となったエネルギーが感じられるような集中力で、これはLiveでないと体感できないでしょう。
 ラヴェルは、さらに自由奔放で、いろいろな音を出すし、ひょうきんな曲にぴったり。そしてあの運指に目が離せなくなりました。両手が交差するところの左手の単音は指一本で弾いているのですね。驚いたのは、第2楽章。弦の和音に木管が旋律をつなげ、儚げなピアノのトリルになるところ、オケにちりばめられたピアノの音に、舞い降りる雪の結晶ような、風の通り過ぎる草原のような、海原のような幻想がふと湧いて、気づいたらピアニストではなく、正面のパイプオルガンを見据えてしまいました(目がすわってたかも)。実は前半のシューマンでは、ちょっと視界の妨げになるモノがありまして・・・でも、このときは聴覚と想像力が忙しくて、もはやピアニストを見ていなかったのです。この曲の第2楽章を、初めてすばらしいと思えた瞬間でした。
 最初で最後かも、と言いながらも、終わってみれば、チャンスがあればまた聴きたい、と思う自分がいました。こんな一般人を大いに満足させるのだから、やはりこのピアニストは、天才なのかもしれません。

 今日の席は3階だったのですが、前半、最前列に前に乗り出している人がいて、片目でしかソリストが見えませんでした。でも、自分が乗り出すと今度は後ろの人が見えなくなるんだよな。。。というわけで、ちょっと集中力がそがれました。係の人に注意してもらおうかと思っていたら、後半の直前に、実際に係の人が最前列の近くに来て客席に向かって、「後ろの席の人の視界の妨げになってしまうことがあるので」前方に乗り出さないように言っていました。申し入れた人がいたみたい。1万○千円も払って、この視界はしょぼ過ぎる、と思ってしまうし、ぜひ前に乗り出して座らないことが浸透してほしい。
ニコラウス・アーノンクール指揮ウィーン・コンツェントゥス・ムジクス@NHKホール 10/24(日)
ミサ曲 ロ短調 BWV232(バッハ)【出演】(ソプラノ1)ドロテア・レシュマン(ソプラノ2)エリーザベト・フォン・マグヌス(アルト)ベルナルダ・フィンク(テノール)ミヒャエル・シャーデ(バス)フロリアン・ベッシュ(合唱)アルノルト・シェーンベルク合唱団

 アーノンクールの来日は3度目だったでしょうか。2度目の来日が2~3年前で、それが40年ぶりだったような。高齢で飛行機も苦手らしいから、最後の来日の可能性もある、と勝手に思い、聴きに行くことにした。実際、最後の来日と答えていたみたい。
 宗教的な曲だけど、音楽の語りかけに聴き応えがある。アルノルト・シェーンベルク合唱団の歌唱は、タクトにぴたりと反応し、心地よい空間を生み出す。オペラ(映像)で見たことのあるレシュマンとシャーデをよく聴こうと思っていたのに、つい忘れてしまった。古楽器の演奏は、聴き慣れてはいなくて、ちょっとハードな感じの音。途中、ホルンに、「ええ?(難しいのかなー?)」と思わされてしまい、おかげでそのときは眠気が覚めました。でも指揮者はテンポを緩めたりなんかしないのですね。後半、ホルンの席は空席になっていたけど、出番はなかったのでしょーか。雑誌にあるように、果たしてこれがスタンダードなのかな?時間を置いてまた確認してみたい。新聞に、氏の持論として「究極の美は破滅の一歩手前にこそ宿る。」と載っていました。真に美しい音色を紡ぎ出すには、醜い音を出すリスクを恐れてはならない、ということのようです。
 ところで、この日、後半が始まる前に、2階真ん中の最前列に着席するところを見てしまいました!それは・・・グループ会社の副しゃちょーでした。以前、当社のボスだったもので見覚えが。。。どうしてそんないい席を・・・?まあ、いいいか。ちなみに、TVで解説をしていた評論家の方は、2階中央端の最前列に着席していました。
 さて、来年と再来年の年明けは、ベートーヴェンのコンチェルトを聴きに行くことに決めています。来年はJ・ラクリン、再来年はセルゲイ・ハチャトゥリアンです。
 最近youtubeを検索してみたら、以前upされていたセルゲイのショスタコーヴィチNo.1がなくなっていました。熱演なのに精巧無比で、名演と思いました。随分前(数年前?)のベートーヴェンのコンチェルトの練習風景はこちら。Prof. Hrachya Harutyunianのレッスンが面白いです。英語の字幕が付いているので、話しているのは英語ではないですが、両手を広げて、「Free!」「Sing!」「Try to smile!」ですから。一回、自分も言ってみたい(!)。喜びにあふれた箇所では、「Play with a smile.Can't you smile at all?」とまで言っています。意訳ですが、「ここはupbeatで弾きたいの?必要ないよ。Of course,you can, but hide it.」「同じように弾かないで。」「そこはナイフみたいにシャープにしないで。ただのfだよ。そんなにものものしくしない。」などと言っていて、こうしたレッスンが、技巧をひけらかさず歌心を大切にした演奏につながっているのかなとも思いました。
>>次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。